やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワークライフバランス考「長時間労働とワークシェアリング」
 前回の記事では、日本においては中小企業が多いこと、そして中小企業の労働生産性が低いことが長時間労働の産業構造上から見た原因であると述べました。さらに、これに拍車を掛けているものとして

①不況による収益減
②顧客からの要求の増加
③消費者の低価格志向


があると私は考えています。

①について。不況なら仕事が減るので労働時間が減るのではないかバカなこと言うなと指摘されそうですがまさにその通りです。実際、仕事が減って、残業時間が少なくなり、自由な時間が増えて良かったという調査結果もあります。ただ、ここでスポットを当てるのは「なぜ長時間労働が生じるか」です。時間当たりの生産性が落ちれば、時間を増やすことによって、必要な生産量(売り上げ)を確保しなければなりません。多少無理をしても機会損失を避けたいというのが本音でしょう。

 大手製造業ではワークシェアリングを導入しているところがしばしば見受けられますが、中小企業においてはなかなか進まないのが現状ではないでしょうか。なぜなら、中小企業の労働生産性は低いため、ワークシェアリングをしてしまうと全体の生産性のさらなる低下を招いてしまうからです。実際に次のような調査の結果もあります。

大阪市信用金庫がまとめた「中小企業の雇用維持」に関する意識調査によると、仕事を複数の社員らで分け合って雇用拡大につなげるワークシェアリングについて、導入を前向きに検討している経営者は7・0%にとどまり、「検討にも値しない」とする否定的な考えの経営者が50・5%と過半数を占めた。 ワークシェアの問題点(複数回答)については、「生産性が低下する」(48・1%)、「賃金が下がり、社員の生活を圧迫する」(47・3%)、「帰属意識や士気が下がる」(39・4%)という声が目立った。(読売新聞より)

一般にワークシェアリングには

①雇用創出型
②雇用維持型


の2種類があります。実際に今日本で行われているワークシェアリングのほとんどが②の雇用維持型です。中小企業において長時間労働を抑えるためには、①の雇用創出型の方が抵抗が少ないのではないでしょうか。ただ、①を実現させるためには収益の拡大がなければ難しいので、儲かっていない中小企業にとっては実現の可能性は極めて低いです。事業主だけではなく、労働者も収入減を避けるために長時間労働に対する抵抗は好況時より少なくなるのではないかと思われます。

ちょっと長くなったので続きは次回に。
スポンサーサイト
成長サイクル
 ブログというバーチャルの世界にとらわれて、現実の付き合いがおろそかになっているのではないかと最近感じることがあります。ブログはビジネス展開の予行演習であると先日書きましたが、強いブログの栄養剤は実際のビジネスの体験や行動であるといえます。PCの前でどんなに頭をひねっていたとしても、自らの血となり肉となるのは自らが体験していたものだけなのです。

 それでは、体験が少ない人はどうしたらいいのでしょうか。もちろん、ビジネス書の紹介などをするのは大きな効果があります。ただ、毎日1冊読める人はいいですが、私も含めてなかなかそのようにはいかないものです。

 私がよく陥るスパイラルに、本の買いだめがあります。貪欲に優れた人の考えを学びたいという心自体は間違ってないと思いますが、そうやって読んだ本で、後で読み返す本がどれだけあるでしょうか?また、自己啓発もの、成功体験ものなどによくあるのですが、何冊か読んでいるうちに、書かれている内容がどれも同じ事に気づくのです。同じ著者の著書であればこの傾向はとても強いですが、違う著者でもこのようなことが起こります。これらは成功のエッセンスは普遍的なものであることを示しています。それぞれが違った環境で生きていますが、成功のエッセンスは同じだというのです。

 ある成功者の本で心に残った言葉があります。私が本に書いたことを実践する人はほとんどいません。だから結果が出ないのです私たちは自己満足のために本を読むのではありません。それでも結果は自己満足になってしまいます。自己満足にならないようにするためには、実践しかありません。唯一人の成功モデルがいるならば、それを真似るのです。真似ていけば、いろいろな発見やきづきがあり、自分の身をもって成功エッセンスを感じ取ることが出来るようになるはずです。そしてその人の言葉は生きた言葉として人々の心を打つでしょう。

 実践で得た体験は100冊の読書に勝るのではないでしょうか?畑にたとえるならば、読書は「雨」、体験は「畑を耕すこと」になります。耕していない畑にどんなに恵みの雨が降ったとしても植物は育たないことでしょう。PDCAサイクルではありませんが、私は「読書」と「実践」がセットになって成長があるものだと思っています。成長した分、ブログもそして自分のビジネスも成長することでしょう。
二宮尊徳
 テレビのクイズ番組で、有名だが何をしたのか良く知られていない歴史上の有名人についての問題があり、二宮尊徳(金次郎)のことがあがっていました。彼は現在で言うところの「経営コンサルタント」で財政難におちった農村経済の建て直しを行ったのでした。

 小学校高学年の頃でしたでしょうか、二宮尊徳、青木昆陽、菅江真澄など江戸時代の学者の伝記を読んだのを懐かしく思い出してしまいました。私はそういった本を読んで、勤勉の象徴だった彼が残した実績を初めて知ったのでした。私が小中学校の頃は今と比べて、まだまだ歴史上の経済学者あるいは経済人に対するクローズアップ度は低かったのではないでしようか。今のご時勢であれば、実業家が真っ先にクローズアップされてもおかしくないと思います。

 ところで、今の学生を見ていると本当に実利的だと感じることがあります。将来、カネになるもの、仕事に役立ちそうなものに人気があるようです。逆に昔大切にされてきた「教養」や「思想、哲学」などが薄れているように感じます。時間の使い方も、スケジュール帳を作って、まるでビジネスマンのような学生も多くいるとのことです。

 私はそれを悪いとは思いませんが、もう少しのんびりといろんなことを考えたり、チャレンジしたりするのもいいのではないかと思っています。
刃向かう社員
 私の職場に何かと上司である私に刃向かう社員がいます。今まで「お前なんか上司じゃない」とか「お前が旦那だったたらぶん殴ってやる」など数々の暴言を浴びせられてきました。何度か向かい合って話をしましたが、彼女の態度は変わりません。彼女は私が彼女に意地悪をしていると思いこんでいるようで、私は意地悪なんてしようとしたことは一度もないし、誤解だと何度も説明しましたが、全く変わりません。周りの人たちも彼女がおかしいのは知っているのですが、誰も彼女に注意をしません。(かかわりたくないようです)

 私は何度も解雇を考えましたが、彼女は重要なポジションを任せているために、会社としては大きな損失となってしまいます。また、就業規則などの規定がないために簡単に解雇に踏み切るのはリスクがあります。本当に彼女に指示を出すのは気が重いですが、言うべきことはきちんと言うようにしています。

 何度も会話を重ねれば、相手の凍った心が溶けていくと最初は思っていましたが、ここのとこtろそれは難しいと思うようになりました。私は自分の方から挨拶もしますし、言うべきことははっきりと言います。また、向こうから仕事に関しての質問がきたら必ずどんな小さなことでも答えるようにしています。ただ、あきらかにおかしい言葉は無視するようにしています。その言葉に従うのは会社の上司としておかしいですし、取り合っていても気分が悪くなるだけです。
久しぶりにカードを作る
昨日は会社が休み。

 4月から一番上の娘が幼稚園にはいるので、入園式等、今後はいろんな行事に参加することが多くなってきます。そのため、妻のスーツを買いにIYへ行きました。ちなみに、私の妻は、短大を出ていますが、今まで正社員として働いたことがなく、アルバイトしかしたことがありません。だから、こういったたぐいの服はあまりもっていません。(ちなみに妻は働かせたら、非常に優秀です。私などかないません。)

 私は、買い物は基本的にクレジットカードで行うのですが、IYのカードをもっておらず、今までは別のカードを使っていました。ただ、IYにはたびたび行くので、ここで作ってしまおうということになりました。

 さて、申込書を記入しようとしたところ、勤務先の欄に、勤務先(派遣先)と記載されていたのに、少し驚かされました。派遣会社で働くことが当たり前になっていることを改めて実感しました。また、IYグループの顧客のことを意識した細かいサービスに感心しました。

 派遣会社は私も2社ほど利用しており、非常に身近な存在ですが、今回のことでなんだかもっと身近なものに感じました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。