やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お子様セット180円
 妻がビーズのパーツを買いたいと言うので、浅草橋まで出かけました。浅草橋界隈は問屋街で、ビーズの小売店がたくさんあります。普通ビーズと言えば「手芸店」に売っているものですが、浦安市のGMSに出店していた手芸店が最近2店舗つぶれてしまいました。従って、我が家ではビーズを買うために浅草橋に出かけます。品物が豊富で、おまけに安い、また街の雰囲気も好きなので、もし近くに手芸店があったとしても浅草橋に通うと思います。

 さて、そんな浅草橋でランチにしようと入ったのが、「日高屋」という中華(ラーメン)のチェーン店。我が家は5人家族なので、4人がけのテーブル席にに椅子を1台付けたして座りました。そして、メニューを見て驚いたのが、お子様ラーメンセット180円というメニューでした。お子様セッ案ト3人分を即決で注文しました。

 お子様セットの内訳は

半ラーメン
オレンジジュース
おもちゃ


というシンプルなものでした。ラーメンが運ばれてくる前は、きっとお茶碗サイズのラーメンに違いないと思っていましたが、意外にもお子様セットにしてはボリュームのある内容でした。わたしたち夫婦は思わず「革命的だ」という表情で目を合わせてしまいました。

 当然のことですが、子供が増えると外食1回にかかる費用が大きくなります。ファミレス等のお子様メニューの単価は安くても500円はするのが普通です。またファミレスのお子様メニューはセットもので、いろいろなおかずがついていますが、子供がすべて食べきったのを私は見たことがありません。

 子供がいると、どこの店に入ろうかと結構悩むものです。「子どもが腰掛けることのできる椅子はあるか」「トータルで高くなりすぎないか」等。悩んでも時間がもったいないので、多くの人がおそらく行きつけのところを決めているはずです。我が家では「回転ずし」です。ただ、都心には回転寿司はありません。したがって、都心に上記のようなお店があると家族連れとしては大変助かります。

CIMG0789.jpg



スポンサーサイト
夫婦の経営学
 我が家では長女が小学校に入学、次女が幼稚園に入園ということもあってこの春からちょっと生活のリズムが変わりました。一番変わったのは妻が早く起きるようになったことです。妻の姿を見て大変だと思いながら、私もがんばらなければと改めて思いました。

 今日はテレビを見ていて、夫と妻の関係をテーマに取り上げていた番組で印象に残ったものについてちょっとした感想を書いてみたいと思います。ちなみに、テレビは断片的にしか見ていないので番組名はまったく覚えていません。


①専業主夫について
妻が稼いで、夫が家事をするという家庭が紹介されていました。奥さんがモーターボートの選手と雑誌の社長の家庭でした。両方の家庭とも奥さんが高収入だが仕事が忙しく家事ができないという環境でした。夫は家で家事に専念していますが、本音では自分もしたいことがあるのにできないという不満を持っているようです。番組は事実だけを伝えているようで、いいか悪いかという意見は述べていませんでした。

①に対する私の診断(独断)
1.女性が活躍するのはいいことだが、長時間の仕事を改善するべき。逆ワークライフバランスが生じている(普通ワークライフバランスは夫についてのことが多い)

2.妻は夫を立てるようにすべき。夫が不満を持つということは妻が夫を立てていない可能性が強い。夫婦関係によくない。

②家計の管理は夫がすべき
勝間和代さんの持論。妻に財布を預けていては、お金の管理や家計の経営感覚が身につかないのでよくないということでした。

②に対する私の診断(独断)
まったくそのとおりだと思う。我が家でも財布は私が握っている。特に私が意識しているのはお金の使い道には「消費」と「投資」があること。女性は現実的なので男性が考える「投資」というものに対して理解に苦しむようだ。特に「読書」なんて「道楽」としか思っていない妻は多いのではないだろうか。妻が財布を握っていては大きなことはできない。

③妻力について
妻が夫をコントロールする力が妻力。妻力によって夫は育ちます。だから、夫は妻には勝てないそうです。亭主関白の会というのがあって、そこでは夫婦喧嘩について世の中の夫たちに「勝てない。勝たない。勝ちたくない。」と教えていました。

③に対する私の診断(独断)
まったくそのとおり。夫は妻が作るもの。妻は夫にとって第2の母である。では、妻は誰が育てるのか。妻は母親が育てる、つまり子供時代が重要だということ。娘は母が父に対するように、自分の夫に対する。「あげまん」という言葉があるが、これは妻が夫を育てることがあっても、夫が妻を育てることはないということを暗に言っていると思う。
ピラメキーノ批判
 テレビ東京で夕方放映されている『ピラメキーノ』という番組があります。超人気番組で、番組のオープニング曲『ぴらめき体操』はおそらく小中学生の誰もが知っているのではないでしょうか。私の子供はまだ小学校に上がっていませんが、3人ともピラメキーノの時間になるとテレビの前に行き、ピラメキ体操を踊っています。

 この『ピラメキーノ』は従来なかったタイプの子供向け番組です。その特徴を一言で表すならば


大人のお笑いの世界を子供番組に持ち込んだもの


だと思います。そのためかレギュラー出演者ははんにゃフルーツポンチという2組のお笑い芸人コンビです。そして、この番組のもうひとつのテーマが子供の恋愛です。子供たち、特に女の子は思春期になる前から男の子に対して興味津津です。そういった女の子の心をひきつけるため、あえてイケ面のお笑い芸人をレギュラーに使っているのだと思います。テレビ局側はしてやったりだと思っているかもしれませんが、長い目で見ると間違いなく子供たちに悪影響を与えるだろうと私は心配しています。



子供たちの異性に対する好奇心を餌に視聴率を稼ごうとするテレビ局の思い以外の何物でもない


はっきり言って、小学生同士が「付き合ってる彼氏がいる」「付き当ている彼女がいる」などという会話をすること自体が問題です。このような会話を見る小学生はどう思うでしょうか。「彼氏、彼女がいるのが当たり前なんだ。いない私は普通じゃないんだ」と思いはしないでしょうか。心の未熟な子供たちに恋愛を煽るのは、本来心配しなくてもいいことにエネルギーを使わせるようになっていきます。

異性に興味を持つのは自然で悪いことではありません。ただそれは自らの心の中に「淡い思い」としてそっとしまっておくべきです。未熟な心と体の小学生が恋愛に走るということは、


蕾の花を切り取るようなもの


で決して幸福な方向には行きません。笑いで大切な問題をごまかそうとするのはせめて大人のお笑い番組だけにしてほしいものです。
結婚と離婚
 芸能ニュースを見ていて、一番話題として取り上げられるのが、結婚、離婚の記事です。華やかに結婚したものの、何年もたたないうちに離婚という結末を迎えることがあまりにも多いような気がします。


安易に結婚して離婚する


モデルは、彼らが望んだことにないにせよ、一般人に影響を少なからず与えるものです。芸能人は公人であり、マスメディアに出るということは極めて責任が重いということになります。個人の自由ですまされない立場が公人の立場です。ある民主党女性新人議員の過去の職歴が問題になりましたが、これも公人の品性に引っかかる問題と言えます。


さて、芸能人同士ならば、それぞれの所得も多く、話題を振りまいただけで済む問題かもしれませんが、これが一般人なら、そのようには行かないでしょう。


家族の問題はすべて結婚から始まる


といっていいと思います。父親と母親の出会いが私という人格を作り、父親と母親によって作られた私という人格が、まったく違う人格と出会うのが結婚です。合わないのが当たり前です。


いかに合していくか


譲り合うことは、我慢のように見えますが、前に出るべき時に大きな力となって返ってくるものです。この大きな力はすぐには見えないので、多くの人がその大きな力を感じる前に挫折してしまうのです。「結婚は束縛」だと考える人は夫婦の生活の醍醐味を知らない人であるとも言えます。


ちょっと偉そうなことを言いましたが、芸能界の結婚、離婚報道があまりにも殺伐としていて、若い人たちの未婚化、非婚化に拍車をかけているのではないかと思う今日です。
結婚という決意
 「付き合ってみて、良ければ結婚」という番組が流行っていると先回のブログで述べました。相手の弱点を知った上での付き合いということなので、デメリットに対する免疫がついて、簡単にカップルが壊れないかもしれません。ただ、運よくカップルになった二人がその後結婚できるかどうかは全く別問題です。


 結婚は恋愛の延長線上にはない


ということを認識する必要があります。恋愛と結婚の間にはある種の飛躍もしくは断絶のようなものがあります。結婚を扱ったこれらのテレビ番組では、社会性よりも娯楽性を最優先して番組を作り上げているので、弱点をさらけ出すことが、逆に「現実はそう厳しいものではないんだ」という誤解を与えてしまう可能性があります。


 批評家の小浜逸郎氏は『結婚という決意』のなかで、結婚は必ず決意を伴うものであり、その理由として3つをあげています。

結婚がひとつの「決意」にもとづく営みである理由


①結婚が、自分自身を企画する試みだから
企画には、誤る、破綻するといった概念が発生する。恋愛は企画ではない。

②結婚は、自分の存在の有限性を意識的に告知する行為だから
自我の無限性、抽象性を否定する。つまり、自分の領分をわきまえる。

③結婚は、他人の承認を通して自分のエロス的意志を社会化することだから
夫婦というアイデンティティを社会に公認してもらう。

結婚という決意結婚という決意
(2007/10)
小浜 逸郎

商品詳細を見る









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。