やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治家は株主か
 ここのところ、民主党の事業仕分けに対する批判の声が上がっています。とくに学者、科学者の人たちの批判の声は大きく、結果が出るまでに時間がかかる研究分野にまで、短期的な結果を求めるのはどう考えても無理があると思います。


 事業仕分け自体の発想は間違っていないと思います。ただ、


事業仕分けの評価の基準があいまい


であることが問題です。このことは、官の事業自体に対する見方が確立していないことが問題であるともいえます。つまり、政府、地方自治体のの公共サービスに対する意義とポジションをを正しく理解できていないのです。


 研究開発機関への短期的なリターンの要求、軍事機関へのリターンへの要求を見ていると、正しい判断基準を失った事業仕分けが暴走しているように見えます。仕分け人である政治家の姿勢は


株主資本主義の株主そのもの


です。アメリカにおいては、企業は株主から短期的なリターンを求められ、短期的なリターンがなければ経営者は更迭されます。したがって、長期的なビジョンよりも短期的な結果が優先されるようになっていきます。研究や軍事あるいは教育に短期的な収益結果を求めることが必要なのでしょうか。皮肉なことにアメリカでは、研究や軍事には長期的な視野をもって、惜しみない投資が行われています。彼らは、長期的リターンを求めるべきものと、短期的リターンを求めるべきものの違いを理解しているという点で、現政府の政治家よりもはるかに戦略的です。現政府の政治家は「戦略」という言葉をあえて持ち出すのが好きなようですが、とても不自然に感じます。


上記のような事業仕分けの仕方だと、図書館も必要ない事業と言うことになるのでしょうか。本を貸すだけでは、図書館は何の収益も生まないし、著者や出版社からすれば、本の売上げの機会を減らすのですから、本来徴収できる税金を徴収する機会損失を起こしていることになります。

ここまでくれば、税金とは、教育とは、国民とは等など、政治家が選挙のときに連発するキーワードについて、基礎から勉強する必要があるのではないかと思います。


スポンサーサイト
新政権は悪魔か天使か
 ここのところ、民主党の小沢幹事長の強引なやり方が目立つようになりました。民主党の政策は、事業仕分けなど評価すべきものもありますが、近視眼的であまりにもお粗末なところの方が目立つような気がします。


大きな国民の期待で誕生した民主党政権

ですが

期待はずれどころかもっとひどい


のではないかと思うことがあります。国民を土壌、政治経済を植物にたとえるなら、よい政治が生まれないのは、その土壌に原因があると思います。もっと言えば、自民党政権の時代から、国民の政治意識という土壌が弱っていたということになります。

ちょっと話が飛躍しますが、疲労した体制が革命で新しい体制に変わるとき、結果として前の体制よりももっと悪くなることがあります。

フランス革命後の恐怖政治
ロシア革命後の共産主義
ワイマール憲法時代後のナチスの台頭
植民地解放後の共産主義体制(中国、北朝鮮)


悪政により疲労していた国民が期待した新政が、前の体制よりももっとひどかったという例は歴史に多く登場します。脆弱な国民の政治土壌の上には、しっかりとした政治という植物が根付かないのです。


悪魔は光の天使を装ってくる


当然新政権に悪意はないと思いますが、現状を見ていると、上記のような気持ちを抱くことがあります。いずれにせよ、根本的な原因は私たち国民の政治的土壌の脆弱さにあります。

民主党の少子化政策は
鳩山内閣が発足しました。新内閣の記念写真を見ましたが、鳩山総理の隣に社民党の福島党首がきらびやかな衣装で立っているのが印象的でした。また左端には国民新党の亀井議員が。まるで、中道の鳩山首相を中心に、左翼の福島氏と右翼の亀井氏が左右に並ぶというとても象徴的な構図だと思いました。

 この構図が意味するところは、民主党あるいは日本の政治はまったくイデオロギーがないということです。イデオロギーなどという言葉は、おそらく多くの国民が引いてしまう言葉だと思います。論理より情緒を優先する日本の政治家と国民は、

イデオロギー=行動の論理的根拠

を曖昧にする特徴があります。例えば、なぜ不倫はいけないかということに関しても

アメリカ人  聖書という絶対的な根拠(もちろん聖書を否定する人もたくさんいますが)
日本人    道徳的にというだけで絶対的な根拠がない


実際に不倫をするかどうかは別にして、思想的(宗教的)な絶対的な拠り所があるかないかというのは大きな違いだと思います。アメリカにおいては共和党(キリスト教保守主義)と民主党(リベラル派)の2大政党制はこのイデオロギーの違いの上に成り立つものです。しかし、日本においては自民党と反自民党というまったくアメリカとは次元の違う軸で2大政党制が主張されてきました。(もっとも今の現状は民主一党制といってもいいですが)

ところで、福島社民党党首は少子化・消費者担当大臣になりました。個人の権利を主張し、夫婦別姓、家庭の秩序を壊すようなフェミニスト議員が少子化担当とは本当に恐ろしいことです。社民党には元としたイデオロギーがあるので、彼らはその主張を曲げないのです。曲げたとしてもそれは方便です。平和ボケしている今、このことに気づかない人が多くなっています。

 少子化の問題は教育、福祉と密接なかかわりを持っています。小さな子どもを持つ私としては、教育が心配です。子ども手当てどころではありません。幸い千葉県知事は保守系の森田健作知事です。早く地方分権を進めて、国の画一的な政策から自由になって、おかしな政策に従わなくてもいいようになってほしいものです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。