やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まちおこしの切り口は
 とある研究会との縁で、ある東北の町へ小旅行へ出かけました。東京から車で約5時間。目指すは福島県の最南端である矢祭町。実は今回が人生初の福島です。

 久慈川を上って、矢祭町へ入ったのは午後3時過ぎ。曇りの天気とあってか、空はかなり暗くなっていました。矢祭町へ入るや否や、ちょっとしたお土産屋さんが茨城街道沿いに。矢祭山という景勝地でした。岡山出身の私には、思わず井倉峡や豪渓を想像させるものがありました。水郡線の線路が伯備線とダブって見えました。地元の人に聞くと、紅葉も素晴らしいが、つつじの時期がもっとも有名だということでした。

CIMG0364.jpg
紅葉の久慈川

CIMG0375.jpg
矢祭山駅 トイレがきれいでした

宿は町の中心部ユーパル矢祭。谷合の街を想像していましたが、ちょっとした平野でした。建物が少ないので、とても寂しく感じました。

CIMG0378.jpg
雨上がりの朝

何もないと言えばそれまでですが、こういった町は、今後どのような町を目指していけばよいのか。どこの町にも特産品はあるし、それなりの景勝地はあります。そうなると、ハードも重要ですが、ソフトの充実がもっと重要ではないかと思うものです。



スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。