やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中小企業診断士本 『高校生でもわかる日本経済のすごさ!』
 今回から、診断士の書いた本についてブログで紹介したいと思います。三橋貴明氏の『高校生でもわかる日本経済のすごさ!』です。三橋氏の著作を読んだのは今回が初めてですが、彼は2ちゃんねるから作家デビューした異色の診断士です。肩書きは診断士よりは作家もしくは経済評論家がふさわしいと思います。

 三橋氏の得意な分野は経済分野で、十数冊の著作のほとんどが経済関連です。その特徴は日本経済楽観主義とマスコミの偏向報道への批判にあります。世論とは逆の意見をずばりというその斬新さは読んでいて面白いです。保守的な反権力者(マスコミは第4権力とも言われる)といった感じです。

 本書は、「高校生でもわかる」という副題が付いていますが、いわゆる「~~がわかる本」といった解説本とは一線を画します。章が4つで、章の中に節がなく、その結果章がとても長くボリュームのあるように感じさせるところがあるのが特徴です。

第1章 消費税は上げる必要はないのです。

政府の借金は、日本国民の債権であるため、借金(国債)が増えても問題ないし、消費税を上げて借金を返済することはナンセンスだと言います。

第2章 円高で経済破綻するなんて、大嘘です。

日本経済に対して、輸出が及ぼす影響は小さい、なぜなら、外需依存というのは根拠がないからと言います。この論に関して、私はGDPの計算式にトリックがあるのではないかと思ってしまいます。

GDP(支出面)=個人消費+政府消費+公共投資+民間設備投資+(輸出-輸入)

上の式に関して。日本は輸出大国であると同時に輸入大国です。従って()の中(純輸出)が相対的に小さくなるのは当たり前です。また、輸出で稼いだお金が、所得や税金として個人消費に回るのですから、純輸出のGDPに占める割合が小さいから外需依存はないというのはどうなのかなと個人的な疑問があります。

第3章 日本ほど有望な国は、世界に一つもありません。

日本の格差論は嘘。最もお金持ちな日本。犯罪の少ない日本。1億以上の人口を抱える大きな国内市場。単民族国家日本。このようにポジティブな面ばかりが強調されます。最後の一撃は、日本は国内市場のことだけを考えていけばいい、英語を勉強する必要はないという提言です。ちょっと大げさかもしれませんが、的をついています。一方、高齢者層の格差が問題であること、国民総所得が減少していることの問題点も指摘しています。

第4章 年金制度は心配ありません。

日本の年金制度は世代間賦課方式で受給者に支払われるため、未納率は問題ではない。ただ、経済が失速すると問題。年金よりも、医療福祉の方が心配。


上記の主張をまとめると、


①日本人は日本に誇りを持つこと
②経済成長が第1の課題であること



ということになるでしょう。三橋氏は今度の参院選に自民党から立候補するようです。

高校生でもわかる日本経済のすごさ高校生でもわかる日本経済のすごさ
(2009/08/29)
三橋 貴明

商品詳細を見る


スポンサーサイト
ミッションはどこから
 昨晩は城南支会の「独立開業支援セミナー」に行ってきました。城南支会のセミナーに行くのは初めてで、城南支会に所属する先生たちの講演がありました。ちなみに、私が所属している中小企業診断協会は各都道府県ごとに支部があり、私は東京支部に所属しています。東京支部の中に

中央支会
城東支会
城南支会
城北支会
城西支会
三多摩支会


の6つの支会があり、支会でも研究会活動が盛んです。私は城東に所属しています。

 さて、今回は独立診断士の3人の先生のお話。3人はそれぞれ①独立初期、②中堅、③ベテランの異なる立場から、独立診断士の仕事のことを話されました。その中で印象に残った内容。

①岡部功一先生(初期)
人前で話ができるように訓練が必要。
自分の専門分野より、市場のニーズを探すのが先。(つまり、シーズよりニーズが先)

②片岡由美先生(中堅)
目先の売上を追わない
仲間の力を借りる

③古谷良隆先生(ベテラン)
診断士1本で25年間。
独立初期を乗り越えることができるかどうかは使命感があるかないか
時流に合ったものをドメインとする
知識ではなく心を売る

これらの中でも、使命感という言葉は強く心に残りました。使命感というのは、心から湧き出るものなのか、それとも自分で信じ込んでいくものなのか。私にどれくらいの使命感があるのだろうか。心から湧き出てこないならば、信じて自分で作り上げていく必要があるのではないかと思いました。

新たな出発
 今日から、ブログに本名を記載することにしました。診断士の登録証が昨日届き、身分上は晴れて中小企業診断士と名乗ることができるようになったので、これから1人前の診断士になるぞという決意の意味を込めたかったからです。診断士としての実力はまだまだありませんので、このブログを診断士としての成長に大いに生かしていきたいと思っています。

 さて、「やっちゃばの士」というニックネームですが、やっちゃばには、私のように診断士あるいは社労士の資格を持っている人はおそらく全国を見回してみてもほとんどいないのではないでしょうか。逆に、私が今までに会ってきた多くの診断士の方のほとんどは、大企業か名の知れた企業出身者でした。やっちゃばは半分ドカタのようなところ、すなわち現場です。現場もわかる診断士、そして大企業エリートに負けないぞという気概を込めてこのニックネームにしました。

 大企業は、業種が違っても優れた人材が集まり、業種による所得や待遇などの格差は中小企業と較べると少ないのですが、中小企業は業種によって優れた人材に偏りがあり、労働条件の格差も大きいです。例えば卸売業、流通業は休日が少なく、そのわりに給料が安い、だからいい人材が集まらないといったようなところがあります。私の予測ですが、おそらくこの業界の喫煙率は他の業界と較べるとかなり高いはずです。

 さて、そういうところで働いているので、専門知識などは自分で勉強して仕入れるしかありません。まさに弱者の立場に立っている現在ですが、強者の心を持って道を開拓していきます。
がんばれ町工場
 今とある町工場のコンサルを行っています。工業製品の部品のゴムを作っていますが、ここのところ大きく売り上げが減少し、赤字が続いています。

 売り上げ減少の一番大きな原因は、コストの安い海外工場に仕事が流れていること。したがって国内工場には、多品種小ロットの割の合わない仕事しか回ってこなくなっています。なかなか厳しい環境ですが、会社が生き延びるためにどうしたらよいか方向を示すのがコンサルです。

とりあえず、

①売り上げをどうしたら伸ばせるか

②経費をどうやって削減するか

この2つをメンバーで研究、討論しながらコンサルを進めています。個人的に、①を考えるのは楽しいですが、②を考えると息が詰まるのを感じます。②の場合は人件費に手をつけなければならないからです。私はついつい情に流されてしまうため、②に関してはコメントが出来ませんでした。荒療治のような感じがして「本当にそれでよいのか」と思ってしまうからです。

②は医学で言うところの対症療法と同じだと思います。経費削減によって一時的に赤字を減らしたとしても売り上げを増やさなければ根本的な解決につながりません。

どうやったら売り上げUPできるか、私は今元気な町工場を研究しているところです




 
零細企業コンサルティング
 今週末より、中小企業コンサルティングの実務が始まります。対象企業は零細製造業です。社員は3人で3期連続で赤字です。仕事はほぼ全て下請だそうです。どうも適正な下請取引ができていないところに一番の問題があるような気がします。

 私も下請け会社に仕事を出しているので、下請けの辛さを知っています。下請け業者は基本的に仕事を断ることが難しい立場にあります。下請け会社の社長の話。「我々は完全に黒子です。100パーセント可能な限り仕事を請けます。だから、面倒見てやってください」仕事が終了するまで貫徹する姿を私は何度も見てきました。社長は「そのようなことができるのが我々の存在価値。暇なときもあるのだから」私は仕事を内心出したくないのですが、社長が「大丈夫だ」というと、背伸びしていることを知りながらも仕事を出してしまいます。私自身の問題もありますが、業界の問題もあるといえます。

 
 さて、このような下請け会社は様々な業界に存在すると思いますが、財務、労務に問題を抱えているところも多いですが、簡単につぶれないのはなぜでしょうか。いろいろあると思いますが、①社長のスピリット、②元請会社の力などがあると思います。①について。問題のある下請け会社でも続いているところの社長は雑草のように強く、また仕事に愛着を持っている人が多い。②について、下請けがつぶれれば元請も困ってしまうので、下請けが死なないように手を打つ。①、②を考えたときに、私は逆に下請けの強みを感じます。確かに仕事は自分から作り出すことが出来ませんが(元請あっての仕事)、元請の出来ないところ、やりたがらないことができるという強みを持っているのです私はもっと下請けは自信をもったらいいのではないかと思います。今回の会社の事情はわかりませんが、元請との関係を中心に問題点と改善策を提案しようと漠然と考えているところです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。