FC2ブログ
やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

決断
 私はいちおう上司を務めていますが、決断について考えてみたいと思います。

 日々の業務の中で、どのように決断したらいいのかわからない問題によく遭遇することがあります。判断のレベルでは「こうすべきだ」とわかっていても、決断がなかなかできないのです。人間関係、利害関係などの様々な要素が決断を鈍らせます。たとえば「部下から自分のことをつっこまれないだろうか?」「あの人はこの指示を出すと反発するだろうな」などの思いが拘束するのです。

 そのようなときでも決断をしなければなりません。決断を先延ばしにして、時間をロスすることはお金をロスすることです。また、「白」でも「黒」でもないという指示は、現場の混乱を招くだけです。そして、仮にその決断に反発する人や失敗があったとしても、結果的には上司としての信用が高まります。

 決断は家庭においても重要です。私は自分があまり関わりたくないことに関して、妻任せにしていました。「曖昧な態度」「消極的な姿勢」をあるとき妻から怒りと共に指摘を受けたのです。決断の結果がマイナスになることよりも、決断ができないことの方がマイナスなのです。

 私は、仕事場では決断できていると思っていましたが、家ではできていなかったのです。会社のことはどこか他人のように思っているところがあるのでこのようになるのでしょうか。私は家で決断する習慣を付けるようにします。家でリーダーシップを発揮できれば、職場ではもっとリーダーシップを発揮できるのではと思っています。
スポンサーサイト