FC2ブログ
やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

不思議な中国人
 私は毎日のように仕事で中国人と付き合っています。関係から言えば、私は彼らから見るとクライアント、つまり仕事を発注する立場にあります。

 彼らはどんなに多くの仕事でもこなし、決してノーと言いません。日本人が1時間で100仕事をこなすとすれば、彼らは同じ時間で200の成果を出します。そこには、日本人の忘れたがむしゃらの向上心と、同族の会社を守るという強い心があるように思います。

 中国人は家族のように強い結束感で結ばれています。その関係の基礎には儒教があると思うのですが、その強さは半端ではないです。血縁、地縁を辿って彼らは集まってくるのですが、その血縁、地縁の強さに私はすごみを感じています。日本人の中には「中国人は仕事が雑だ」と見下す人が多いのですが、彼らは味方の言うことには100パーセント従います。このことは、中国人たちが「私」を味方としてとらえるか、心を許せない人ととらえるかによって180度変わってくることを意味します。

 このような中国人の基本的な考え方を見事に記したのが、『中国人のビジネス・ルール兵法三十六計』です。この本に書かれている基本的な考え方は

中国人は身内には儒教で接し、外人には兵法で接する

です。著者の梁増美さんは、日中の企業のトラブルがなぜ起こるのか、それは日本人が中国人の基本的な考え方を知らないからだというところから、この本を書いています。身近に中国人と接している私はとても面白く読ませていただきました。
中国人のビジネス・ルール 兵法三十六計中国人のビジネス・ルール 兵法三十六計
(2008/06/15)
梁 増美

商品詳細を見る

スポンサーサイト