FC2ブログ
やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

キャストの笑顔
 一昨日の水曜日、ディズニーランドに行きました。ハロウウィン期間中とあって水曜日なのに多くのゲストであふれかえっていました。人が多いと大変ですが、それでもみんなディズニーランドを目指すのです。

 ディズニーランドは学びの宝庫です。その日は長女が誕生日だったので、誕生日ワッペンを胸につけていました。アトラクション係のキャストから掃除係のキャストまでみんな「お誕生日おめでとう」と言ってくれます。キャストは若い人だけでなく、中年の男性も結構いるのです。みんなきびきびと動き、人と目が合うとにこにこです。キャストの給料は決して高くないはずです。不満そうな顔、寂しそうな顔のキャストを私は一度も目にしたことがありません。キャストとして働いたら人間磨かれるだろうなあ。

 その日の夜は、あるお寿司のチェーン店に外食に来ました。ここも人気店でお客さんでいっぱいでした。それでもせわしく動きまわる店員の表情はキャストとは対照的で生き生きとしていないのです。もちろん、お客に対しては笑顔で接してくれるのですが、キャストのように「親しみ」の笑顔でないのです。キャストの笑顔はまるで「私だけを特別なお客さんとして扱っているよう」な感覚にさせてくれるのが特徴です。

081022_1250~02


 
スポンサーサイト