FC2ブログ
やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

外需と内需
 忙しいお歳暮シーズンが山を越えました。この期間中、体調を崩し、高熱も出しましたが何とか乗り越えて今ほっとしているところです。それにしても、お歳暮の仕事は大変です。なぜ大変か?

通常の仕事+お歳暮の仕事をこなさなければならない

そのためには

通常の倍の人手が必要

 この体制を作ることは結構大変なことです。短期アルバイトで人手を集めるか、それができなければ日曜祝日も休みなく、深夜近くまで毎日働くかをしなければなりません。私のところでも、短期アルバイトの募集広告を定期的に出しましたが反応がイマイチでした。

 こういう時の最後の切り札が派遣です。通常年末になってから新規に派遣を頼んでも需要が多くスタッフ不足になるのですが、今年は違いました。製造業のラインが停止してしまったため、仕事のないスタッフがたくさんいるというのです。

 今、派遣切りが話題になっていますが、派遣切りをしている企業のほとんどが輸出型の機械メーカーです。自動車、電気機器など日本の誇る産業であることは間違いないのですが、内需よりも外需によって潤ってきたため、ここにきて外需の不振のあおりをまともに受けてしまっています。別の言い方をすると、為替差益に依存したビジネスモデルが成り立たなくなっているのです。

為替差益ビジネスは諸刃の剣

 為替というのは自力でコントロールすることができるものではありません。地震のように、普段起こる可能性が低くても、忘れた頃にやってきて甚大な被害を与えるものです。いいときはべらぼうに良くても、悪いときはべらぼうに悪い。大企業であればこの振れ幅も大きいです。

 景気を判断する指標のひとつにGDPの成長率があります。ここのところこの成長率がマイナスになっていますが、為替の変動が直接的に、間接的に大きな影響を与えています。つまり、

大企業の不振(輸出の不振)→関連企業の不振→景気の低下→消費の低下→内需の不振

 私の働いている生鮮食品業界は、内需が大きく、為替の影響を受けない(輸入は逆に有利)ので、今のところ不況を肌で感じることはありませんが、上記の図式に当てはめると遅れて不況の影響を受ける可能性がありますが、来年はどうなるでしょうか?食品を扱う仕事は、本当に地味な仕事です。大儲けもなければ大損もない。需要が大きく増えることもなく、減ることもない。「食」は人間が生きていくために必要不可欠な要素です。「手堅さ」という点では一歩前に出るかも知れませんね。

スポンサーサイト