FC2ブログ
やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

決断の軸
 会社に住所変更届を出してきました。役員から「君もとうとう借金したのか。これで会社やめれないな」と笑いながら言われました。

 一般的には借金をすると、身動きが取れなくなると考えられているようですが、私はそのように思っていません。いざとなれば不動産の売却すればいいのではないかと思います。逆に住宅ローンが組めるということはサラリーマンの特権です。自営業者や転職したばかりの身ではローンを組むことは難しいです。

利用できるものは利用する

 我が家は子供が3人。これからのことを考えるとどうしても広い家が必要です。そして自分のための仕事部屋。自分の成長とその成果が、家庭の豊かさに直結します。そのためにはどうしても自分の部屋が必要だと私は考えています。妻の周りの人たちからは「パパの部屋なんて贅沢だ」と言われているようですが、父親が肩身の狭い生活をすることは、子供たちにとって決していいことだとは思いません。話がそれましたが、このように広い住居がどうしても必要だと思っていました。

 ローンを組むということは利子を支払い続けるということを意味します。1年前までは利子を支払うことは無意味だと思っていました。ホリエモン、勝間さんらは賃貸を進めていますが、私もそれに同調していました。ただ、忘れてはならないのは彼らは桁違いの収入があるということです。広い賃貸マンションの家賃はべらぼうに高いものです。中小企業のサラリーマンが都心に近い場所で広い住居に住むためには、物件を買うしかないのです。

 未来とは不確実なバラツキ

勝間さんはこの不確実なバラツキの精度を上げるためにパーソナル資産の増強をその著書『起きていることはすべて正しい』で述べていますが、その中には不動産は残念ながら含まれていません。それでも、不動産の選択も将来のバラツキの精度を上げる重要なファクターだと私は思います。

不動産を買うことは消費ではなく投資である

私の人生戦略において、今回の選択は投資です。いわゆる不動産投資のように毎月のキャッシュフローが上がるわけではありません。家族と私の心と体の成長とその成果のための投資です。決断の拠所は自分の心のみ。決断自体には良いも悪いもない。決断したことをどのように前向きに捉え、発展させていくかが重要だと思っています。
スポンサーサイト