FC2ブログ
やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

規制とセフティネット
 千葉大学の女子学生が殺害されるという事件が起こりました。マスコミでは「なぜあんないい子が殺されないといけないの」「犯人が許せない」とお決まりのパターンの報道がされています。もちろん、殺人は絶対に許されるべきものでありませんが、この報道の背後にある殺人の遠因となった女子学生のキャバクラでのアルバイトに対する問題性について誰も触れようとしないことに疑念を抱きます。

 似たような事件に、押尾学事件があります。亡くなったホステスの女性は違法な麻薬を常用していました。本来ならば、逮捕されるべき立場です。ところが、亡くなってしまったため、被害者としての立場でしか見られなくなってしまっているのです。

 キャバクラと麻薬が同じレベルの問題であるというつもりはありませんが、両者ともに共通するのが、男女関係の問題が起こりやすい環境であり、こういったシチュエーションで生じる「愛」のない男女関係は刹那的で、殺傷事件に発展する危険性が大きいということです。

 「君子危うきには近寄らず」ということわざがありますが、自らリスクの高い行動に出て、リスクに遭うということに対しての責任の大切さをもっと学ぶべきだと思います。今の世の中を見まわしてみると、人間関係における事故を避けるためのルールや規制は少ないが、事故が起こった後のセフティネット(保護)はほどほどあるのではないかと思います。


ここでいう事故とはできちゃった結婚(あえて並べました)DV、虐待、離婚、殺傷事件などのことです。


男女関係や家族関係はプライベートなことなので、当事者たちの自由、自己責任を尊重すべきということで、そこに掛ける規制はほとんどありません。


あるのは心の規制だけです


ところが、この心の中の規制は簡単に崩れ去ってしまう世の中になってしまっているようです。保護段階では遅いのです。大切なものを失わないようにするためには「規制」(「規範」といった方が適切かも)が絶対に必要です。

スポンサーサイト



卸売市場はいらない論について
 赤松農相が卸売市場の強化が必要だと述べたことに対して、あるコンサルタントのブログでは、卸売市場の強化は時代に逆行しており、卸売市場は零細小売店や飲食業のためにしか存在価値がないという意見が述べられていました。

確かに、卸売市場の取扱高は年々減少傾向にあります。しかし、今もなお、青果物の7割以上は卸売市場経由で流通している事実を考えると、卸売市場の果たしている役割は決して低いとは言えないのも事実です。

 上記のコンサルタントのように卸売市場について、

①中間マージンにより消費者は高い買い物になる
②セリにより生産者は安く買いたたかれる


のようなまるで市場は悪者のような言い方をするコンサルタント、マーケッターという肩書きの人が結構いるものです。この人たちは一方向からしか市場の機能を見ていないのではないか、また、現場で働いたことがないので、生鮮品の特徴や、物流、加工のことが全く分かってないのではないかと思うことがよくあります。

 物流の基本として、小売店に商品を単品で届けることは、ロットの都合上コストが高く、小売店側の荷受業務も複雑になるため、ほとんどありません。したがって、小売店の商品カテゴリーごとに商品をフルライン供給する業者にしぼって納品が行われるのが普通です。産地から、個々の青果物を直接小売店に届けるとなると大変なことになり、それこそ発注荷受業務を行う店の社員からは悲鳴が聞こえてくることになるでしょう。

 大規模なスーパーになると、物流センターに一度商品を集めてから、各店に商品は配送されます。センターで商品の仕分けが行われるのですが、青果物は段ボールや、コンテナの形が多種多様で、とても扱いにくく、センターでは嫌がられるものです。したがって、市場の中にセンターを設けている大規模小売業者もいます。

 このように考えてくると、市場は小売店の物流センターであるとみることができます。頭のいい大手流通小売業者は、あえて卸売市場の中に青果専門の物流センターをオープンさせています。既存の物流機能を使った方がコスト的にも安上がりです。高速道路のインター付近に大規模物流センターを作るのがいいという一律的な発想はいかがなものでしょうか。

 卸売市場の役割については、まだまだいっぱいあって書ききれませんが、市場の誤解に対して誰も反論しないので、たまに書いていきたいと思っています。ちなみに、青果物においてセリ販売はほとんど行われておらず、取引の9割以上が相対取引です。いまだにセリが行われているいうコメント自体、何も知らないいい加減なコメントだと思わざるを得ません。