やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーンツーリズムから学ぶもの
 あることがきっかけで、今グリーンツーリズムについて研究しています。グリーンツーリズムとは

「緑豊かな農山漁村地域において、その自然、文化、人々との交流を楽しむ滞在型の余暇活動」、「農山漁村で楽しむゆとりある休暇」とも言いかえられる。グリーンツーリズムの基本は、農山漁村に住む人々と都市に住む人々とのふれあい、つまり都市と農山漁村との住民どうしの交流である。(ウィキペディアより)

 



 私が関心を持っているのは、グリーンツーリズムを楽しむ方ではなく、企画する方で、何人かの友人とともに案を出し合っています。先日、内部資源、外部環境のマトリクス(SWOT分析)を行ってみました。分析表を作っていると、あることに気がつきました。それは、グリーンツーリズムという観点にはそもそも、T(Threats脅威)という概念が存在しないということです。脅威とは、経済状況や、政治状況、環境などを指すこともありますが、一番はやはり競争相手(ライバル)のことを意味します。なぜ、競争相手という概念が存在しないか。それは次の表を見るとわかります。

b.jpg

 従来の競争相手と言う概念は「観光」でこそ生じるものの、「グリーンツーリズム」には生じません。隣の自治体がいかに観光資源に恵まれていて、自分の住む自治体が観光資源がなかったとしても「グリーンツーリズム」には大きな問題ではありません。問題はいかにある経営資源を生かして、都会の人びとに楽しんでもらえるグリーンツーリズムを作るかということで、自治体の人々の教育や組織作り、一体感などのソフト価値を高めることが最重要課題です。
 
 私はこのことを考えると、「グリーンツーリズム」とは経済性を追求する競争ではなく、生活性を追求する共生の原理が元になっていると思います。もちろん、結果的に経済効果は必要ですが、企業のようにひたすら利潤だけを追い求めるものでもありません。そこには「ほどほどにみんな生きていく」という思想があり、勝ち負けという考え方はありません。

 このグリーンツーリズムの考え方は、中山間地域が生きるために必要な考え方であるとともに、企業の競争が激しく繰り広げられる都会にも応用が可能ではないかと思います。勝ち負けの思想だけでは社会が破たんするのは考えればすぐにわかることです。

スポンサーサイト
ピラメキーノ批判
 テレビ東京で夕方放映されている『ピラメキーノ』という番組があります。超人気番組で、番組のオープニング曲『ぴらめき体操』はおそらく小中学生の誰もが知っているのではないでしょうか。私の子供はまだ小学校に上がっていませんが、3人ともピラメキーノの時間になるとテレビの前に行き、ピラメキ体操を踊っています。

 この『ピラメキーノ』は従来なかったタイプの子供向け番組です。その特徴を一言で表すならば


大人のお笑いの世界を子供番組に持ち込んだもの


だと思います。そのためかレギュラー出演者ははんにゃフルーツポンチという2組のお笑い芸人コンビです。そして、この番組のもうひとつのテーマが子供の恋愛です。子供たち、特に女の子は思春期になる前から男の子に対して興味津津です。そういった女の子の心をひきつけるため、あえてイケ面のお笑い芸人をレギュラーに使っているのだと思います。テレビ局側はしてやったりだと思っているかもしれませんが、長い目で見ると間違いなく子供たちに悪影響を与えるだろうと私は心配しています。



子供たちの異性に対する好奇心を餌に視聴率を稼ごうとするテレビ局の思い以外の何物でもない


はっきり言って、小学生同士が「付き合ってる彼氏がいる」「付き当ている彼女がいる」などという会話をすること自体が問題です。このような会話を見る小学生はどう思うでしょうか。「彼氏、彼女がいるのが当たり前なんだ。いない私は普通じゃないんだ」と思いはしないでしょうか。心の未熟な子供たちに恋愛を煽るのは、本来心配しなくてもいいことにエネルギーを使わせるようになっていきます。

異性に興味を持つのは自然で悪いことではありません。ただそれは自らの心の中に「淡い思い」としてそっとしまっておくべきです。未熟な心と体の小学生が恋愛に走るということは、


蕾の花を切り取るようなもの


で決して幸福な方向には行きません。笑いで大切な問題をごまかそうとするのはせめて大人のお笑い番組だけにしてほしいものです。
独立の便り
 東京の有名中華店で知り合った岡山出身のシェフ。つい先日まで高松の本店で料理長をしていましたが、このたび独立して岡山に店を出す予定という旨の案内が届きました。


料理人にとって独立は最大の目標です。


 独立できる料理人は一握りで、多くの料理人は雇われの身で歳をとっていきます。私は多くのオーナーシェフや雇われの料理人を見てきましたが、両者から発せられるエネルギーには格段の違いがあります。小さな店の自営業シェフでも生き生きしています。自分の店を持つということは大変でも、それ以上に生きがいがあります。


 さて、独立について。独立のハードルはその人の置かれた境遇によって大きく違います。

独身者か既婚か
男性か女性か
配偶者の所得
子供がいるのかいないのか
親の家で親と同居しているかどうか



既婚で夫の収入があり、子供もいない女性が診断士の世界で「独立しました」という場面によく出くわすのですが、はたして「独立」と呼んでいいのだろうかと思うことがあります。話がそれましたが、料理人の場合は、店を構えなければならないので、独り身でもお金がかかります。私の友人は子持ちでアパートに住んでいるので、プレッシャーは大きいと思います。手紙の文面から決意のようなものが伝わってきました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。