FC2ブログ
やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

独立の便り
 東京の有名中華店で知り合った岡山出身のシェフ。つい先日まで高松の本店で料理長をしていましたが、このたび独立して岡山に店を出す予定という旨の案内が届きました。


料理人にとって独立は最大の目標です。


 独立できる料理人は一握りで、多くの料理人は雇われの身で歳をとっていきます。私は多くのオーナーシェフや雇われの料理人を見てきましたが、両者から発せられるエネルギーには格段の違いがあります。小さな店の自営業シェフでも生き生きしています。自分の店を持つということは大変でも、それ以上に生きがいがあります。


 さて、独立について。独立のハードルはその人の置かれた境遇によって大きく違います。

独身者か既婚か
男性か女性か
配偶者の所得
子供がいるのかいないのか
親の家で親と同居しているかどうか



既婚で夫の収入があり、子供もいない女性が診断士の世界で「独立しました」という場面によく出くわすのですが、はたして「独立」と呼んでいいのだろうかと思うことがあります。話がそれましたが、料理人の場合は、店を構えなければならないので、独り身でもお金がかかります。私の友人は子持ちでアパートに住んでいるので、プレッシャーは大きいと思います。手紙の文面から決意のようなものが伝わってきました。

スポンサーサイト