やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地産地消
 農産物流通のチャネルミックスが重要だと先回の農産物と流通で述べましたが、「顔の見える農産物」として卸を介さない流通について、直売と産直を同じ意味で捉えている人がいたので、ここでは直売あるいは地産地消について考えてみたいと思います。

 フードマイレージという観点から見ると、直売と産直はまったく異なります。フードマイレージとは産地から消費地までの商品の移動距離のことです。フードマイレージは、①環境面②品質面③コスト面から短ければ短いほどよいとされています。したがって、直売を含む地産地消はフードマイレージがもっとも短くなるので、①②③について大きなメリットがあります。

直売 フードマイレージが短い
産直 フードマイレージが長くなる場合もある

 さて、地産池消のもたらすもうひとつのメリットを考えて見ます。先にあげたのは、農産物を売る側と買う側という直接的なメリットですが、実はこれによって生じる2次的なメリットがあるのです。それは、地域の人々の交流を活性化し、子供たちの食育などに好影響を与えるということです。そして、町や村が活性化し、生き生きとしてくるのです。まさに正のサイクルが生じ、経済の問題から社会の問題までも解決してくれる可能性をもっているのです。
 
 
 今の時代はインターネット真っ盛りで、私たちはより広範囲な顧客の獲得を試みようとしますが、いいものがあるなら、隣近所の人に勧めたりすることも大切なことではないでしょうか。宅急便で遠くの産地から有機野菜を取り寄せるよりも、近くの人が畑で育てた野菜を食べることのほうが、とても価値があることのように思います人と人がモノを通してつながる、これほどすばらしい、レバレッジの効いた体験はないのではないでしょうか。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/120-f241aa39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。