やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知財ビジネスの夢
 「働けど働けどわが暮らし楽にならざりぢっと手を見る」石川啄木の『一握の砂』のこの詩は大げさですが、時間給の仕事、あるいは時間給でなくても労働集約的な仕事では「働いた割には儲からない」「儲けるために自由な時間がない」という感覚を持つことが多いのではないでしょうか。

 そういう意味では、農林水産業も労働集約的な仕事です。最近、若者や都会の生活に飽き飽きした人が田舎に行って農業を始めるという話をメディアでよく見かけることがありますが、農業は楽な仕事ではありません。天候に左右され、生き物を育てるので休みもありません。したがって、生産、販売計画が立てにくく、労働集約的な産業です。収入はあくまで労働投入量に比例した分しか増えません。大きい収入をあげようと思ったら大きな負荷をかけなければなりません。複利的に収入をふやすことはできないのでしょうか。

 実は、知的財産権を作ってしまえばそれを可能にすることができるのです。知的財産権を使えば、自らの農業生産技術、農産物の独自性を保つつことができるだけでなく、知的財産を活用して農産物の生産販売以外の方法で収益を上げることができます。ライセンス契約を結べば、それこそ「不労所得」を得ることができます。まあ、農業に限らず、この知的財産権をもって商売するということは、労働集約産業で働く人たちの「夢」とも言えるでしょう。

 差別化→ブランド化→知的財産権


 知的財産権を得るためには、ブランド化が必要です。ブランド化の前に他との差別化です。これは会社においても、個人においても同じだと思います。さて、私はこの度、研究会で「農業と知財」をテーマにレポートを書くことになりました。何回かにわたって、レポートのデッサンのような内容をブログに書いていく予定です。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

リックルハングさん
こんばんは

ビジネスモデルを作って成功している人たちって、みんな壁に突き当たっていますよね。私もビジネスモデルを作り出す仕組みモデルのようなものを確立していきたいと思っています
【2008/08/24 22:13】 URL | やっちゃばの士 #- [ 編集]


ビジネスの原点ここにアリ、って記事ですね^^
ビジネスと労働の違いがよく分かりました!
知的財産つくるゾー(笑)
【2008/08/24 17:26】 URL | リックルハング #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/122-0fd4fa5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。