やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断ることの重要性
仕事を断ること、これは簡単のように見えて実は結構難しいことです。私はサラリーマンですが、責任者ですので、営業からのプレッシャーを毎日感じながら生活しています。青果加工部門だけで独立した子会社で独立採算性なので、会社の売上が自らの給与に直結します。したがって、どうしたらより収益を上げられるか考えながら、工場長と営業マンという2つの側面を持って仕事をしています。

 さて、青果業界では営業が現場のキャパを超えた注文をとってくることがあたりまえになっています。そのため、現場がアップアップになることが頻繁に起こります。青果物は季節や天候に左右され、需給の繁閑の差が激しいので、現場の体制をマックス時に設定にすることはできないし、ミニマム時にすることも適しません。(この変動の激しさは経営の一番のボトルネックで、私が日雇派遣禁止に反対の理由はここにあります。)現場が飽和状態になっても仕事がどんどん流れてくるときのプレッシャーは相当なものがあります。「できない」と断言するのではなく、残業や外注先などに仕事を委託してできるように四苦八苦するのですが、不可能を可能にするので、「できるんだ」と思った営業はさらに当たり前のように仕事を流してきます。私自身はこれが毎日続くと結構苦しいです。

 外注先がノーと言わないので、私は仕事をできるだけ断らないようにしているのですが、そのかわり外注先にものすごい負担がかかっています。外注先の社長は365日24時間の営業スタイルを貫いていますが、自らの身を削りながらも、仕事を生き甲斐として昼も夜も働いています。昨年のこと、私は社長に負担のかかるのを知りながら、仕事の依頼を出しました。社長が不眠不休でふらふらしている姿を何度も見ました。「ちゃんと寝てよ」と声を何度もかけましたが、ある日の早朝、乗用車を運転中、高速道路の柱に正面衝突する大事故を起こしてしまいました。居眠り運転でした。その日も仕事がパンパンに入っていたため奥さんは病院ではなく、会社に直行して仕事の指揮をとらなければなりませんでした。病院に最初に行ったのは私でした。ベッドの上で社長は声を何度かけても反応しません。実は意識がないのではなく、3日間寝てなかったからです。奇跡的に小指の骨折だけで済んだのでした。

 私はこの事件を教訓に、仕事を断ることの重要性を実感しました。欠品や会社の売上がそれほど大事でしょうか。限界までがんばることは、ある面重要なことですが、それで個人の生活が大変になったり、ストレスになって休職・退職したり、病気になったり、命を落としては本末転倒です。どこまでの負荷をよしとするかは、個人、企業、業界によって異なりますが、受注のルールをきちんと設け、全社的にルールを守ることが必要です。ルールがなければ、いつの間にか基準がぶれていき、自らの首を絞めることになります。断ることは、「自分は無能力だと思われたくない」「やる気がないと思われたくない」「相手をがっかりさせたくない」と思うと、なかなかできないのですが、心を鬼にして断ることは自分のためだけでなく、会社のためにもなります。問題が共通認識されるようになるからです。勇気を持って一石を投じる自分になりたいと思っています。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

断るって難しいですね。
断れずにストレスをため込むのはよくないと思います。
相手が上司なら思い切ってノーと言ってみたらどうでしょうか
【2008/09/27 20:42】 URL | やっちゃばの士 #- [ 編集]


外注先の社長さんの話、すごい話ですね。
社長さんの場合は、絶対、「断る」ってことをするべきだと思いますが、
残業50Hくらいの、やまいもの場合、どうすればよいのでしょうかね?

上司から、
「何々をやっておいて」
「いやです。お断りします。」
なんて、いえねぇなぁ~
【2008/09/27 00:15】 URL | やまいも #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/145-6b889cb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。