やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弱者の視点
昨晩ニュースを見ていましたが、「進むアメリカの貧困」と「冷凍インゲン」の問題に私はある共通の思いを抱きました。それは「世の中には確かなものがあるように見えているだけ」ということ。

 アメリカの貧困。今回の金融危機で、私たちは改めて、アメリカの負の部分を見ることができるようになりました。アメリカの貧困という問題は、金融危機が起こる前からずっと続いてきて、ここにきて表面化したに過ぎないのですが、実態を見るとショックを受けます。アメリカはもともとピューリタン(清教徒)が宗教の自由を求めて建国した国なのですが、なぜこのようになってしまったのかと思ってしまいます。キリスト教という宗教背景があるアメリカでさえこのような結果になっているのですから、無宗教の日本人がアメリカのマネをしていけばどのような結果になるのかおぞましい限りです。アメリカの強者を目標にすることは悪いことではありませんが、「良い種と悪い種」を自分の目で判断する習慣をつけておかないと、「悪い果実」が知らず知らずのうちに実ってしまいます。

 冷凍インゲンの問題。警察が事件としていち早く動いたのが印象的でした。先回のギョーザ事件の時とちょっと違うなと思いました。これは先回の事件が製造過程でのミスではなく、人為的なテロだということがわかっているからでしょう。「中国食品は危険だ」という画一的な世論にならないようにという政府の指導があるのかもしれません。それでも、多くの国民が「やはり中国食品は危険だ」と思いこむのを避けることはできないと思います。なぜなら、中国の事情や現場をほとんどの人は知らないため、既成のイメージを判断基準にするしかないからです。これはアメリカの例にも当てはまりますが、いいことも、悪いことも私たちは既成のイメージを基準に判断しているものです。既成のイメージを信じて思考がストップしてしまう人は、石の中に埋もれている宝を見つけ出すことは難しいでしょう。逆に、日本の食品だっていつテロの標的になるかわからないものです。

 既成概念はともかく、定説だって疑ってみると結構いろんな発見があるものです。人間は不安定よりも安定を望む本能があります。疑うということは、結果を掘り返すようなものですから、自らを不安定な状態に置くことになり居心地の悪さを感じることになります。既成概念や定説を無条件に受け入れる方が居心地がよいものです。時間がかかるかも知れませんが、玉石混合の中から、正しいもの、価値のあるものを見つける能力を培うことが大切だと思っています。この能力を身につければ、弱者であっても、強者に物怖じすることがなくなるでしょう。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/156-742a2d90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。