やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己責任の時代
 マンナンライフの蒟蒻ゼリーの製造販売中止に反対の声が集まっているようです。この商品のファンが相当いることの証明なのでしよう。企業としてはうれしい限りだと思います。

 この問題の責任の割合に関しては、当然企業側だけが一方的に背負うものではないと思いますが、死亡者をこれ以上出さないという第一の問題を防ぐためには販売中止は致し方ないことだと思います。「餅米の方が事故死亡率が高いのだから蒟蒻ゼリーだけはおかしい」というのは、正論だとは思いますが、問題の重要度を考えると一旦中止というのが最善策でしょう。そういう意味では企業側のとった行動はかしこいです。

 消費者側の問題があまり話題になっていないのが気になります。第一、「乳幼児に蒟蒻ゼリーを買って食べさせる親の方にあきれた」というのが私がこの事故報道を知ったときの率直な感想です。このような親は、子供のことを考えずに他の食べ物や遊具を与えているはずです。子供のことよりも自分のことばかりを考えているのでこのような不注意が起こるのです。残念ながら、こういった意識の問題は本人の問題なので根本的になくすことはできません。どんなに大きく「注意マーク」が記されていても、気がつかない人は気づかないのです。

 蒟蒻ゼリーは地元群馬の特産品である蒟蒻を材料にした優れたアイデア商品です。上記の通り根強いファンが多くいます。今後の方向性としては、1ピースごとパッケージに大きく「乳幼児禁止」と印刷するなどして、販売するのがいいのではないでしょうか。

 さて、事故というのは予想外のところで起こるものです。大人だって、蒟蒻や餅を食べてのどを詰まらせる可能性だってあるのです。食品以外の工業製品や生鮮食品、遊具、投資すべて事故のリスクはあります。事故を恐れると車の運転だってできないですよね。自己責任意識を強く持っていくなければ世の中をうまく生きていくことはできないのが現実です。買う方も売る方も共に自己責任意識をもつ。このバランス感覚をうまく持つことが、より良く生きることに必要なのではないかと思いました。

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/158-547647ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。