やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廃業リスクを避けることはできるか
 以前話した面接の件。多くの方が応募してくるのですが、高齢者の方が一番多いです。求人広告には年齢、性別を記載することはできないので、問い合わせは多く来ますが、会社の意向(条件)に合わない場合は断りを入れています。高齢者で仕事を探している人は多いんだなあとつくづく思います。

 さて、高齢者と共に気になったのが、自営業者の人たちです。職人系の自営業者の方たちからの応募が多数ありました。自営業をしているということで、しっかりとされているのですが、本業での仕事がないためにアルバイトをせざるをえないというのです。

 職人系の自営業者の仕事がなぜないのか、理由はいくつかあります。
①中国などとの価格競争に勝てず、受注が減少
②機械化が進み、職人技術が必要でなくなった。機械を買おうにも資本がない。
③不景気(昨年は好景気だと世の中では言われていましたが、中小零細企業はずっと不景気です)

①③は自分の力ではどうすることもできませんが、②は早くて手を打てば解決可能な問題だったのではないか。

 指輪などの貴金属加工の自営業者の方がいました。昔は指輪などの貴金属は手作業で作っていましたが、機械で量産できるようになって仕事が激減したそうです。時計屋さんなど貴金属を扱う商店もばたばたと店をたたむようになり売り先が減るばかり、また不景気で嗜好品である貴金属は真っ先に買い控えられるものです。

 今となっては打つ手はないかも知れませんが、こういったリスクは避けることが出来たのではないでしょうか。機械化されるという情報は前々からあったはずです。①指輪を作るだけでなく技術を応用して他のものも作る。②販路を個人で開拓する。販促活動を行う。抽象的ですが機械化されるリスクに備えて何らかの解決策があったのではないかと思うのです。もちろん、私は素人でナンセンスなことをいっているかも知れませんが、このように、現状の商売スタイルに固執あるいは満足してしまって、環境の変化について行けない例は多くあるように思うのです。廃業というのもひとつの選択手段ですが、事業を活かすという方向でのチャレンジは欠かせないと思うのです。

 新しい技術の登場や法律の改正によって、市場から去る企業、新しく参入する企業があります。目的は同じなのに、そこに至る手段の違いによってこのような明暗が生まれます。例えば、資格業もその一つだと思います。法律が変わって、自由参入ができるようになったらどうなるのか。そういったリスクを常に考えながら付加価値を高めることがどのような事業においても必要です。

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

やまいもさん
確かに手遅れの場合は廃業するしかないと思います。

>できうれば、いままで蓄積した技術を生かした形で
プライドを失わないような次の仕事がみつかる
そいういった社会であるといいなとは思います。

日本社会は結構厳しいですね。昨日宝くじ女性殺害事件の犯人が逮捕されましたが、彼は元会社社長です。会社をつぶして、東京に出てきて新聞配達をしていたようです。
【2008/10/24 13:27】 URL | やっちゃばの士 #- [ 編集]


hirutonさん
どの業界もうかうかしていられないですね。
鯖江は眼鏡城下町ですが、景気の方はどうなんでしょうか
【2008/10/24 13:23】 URL | やっちゃばの士 #- [ 編集]


>廃業というのもひとつの選択手段ですが、事業を活かすという方向でのチャレンジは欠かせないと思うのです。

確かに正論ではありますが、そうはいっても
という厳しい現実はあるのでしょう。

できうれば、いままで蓄積した技術を生かした形で
プライドを失わないような次の仕事がみつかる
そいういった社会であるといいなとは思います。

【2008/10/23 22:58】 URL | やまいも #- [ 編集]


こんばんは!

本当に大変な時代に突入しました。

会社を解散して法人から個人事業に変更し、社会保険を辞めてしまったり、廃業する会社の手続きに毎日追われています。

おそらく、何も手を打たなければ10年先、いや、5年先には、廃業や、倒産などで、顧問先は、半分になるでしょう。

士業も、淘汰される時代にいよいよ突入しました。
















【2008/10/23 21:18】 URL | hiruton #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/161-c8044079
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。