やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増える農産物の輸出
 昨日は、小難しい論理を展開してしまいました。実益のない論理を考えることが好きなので、ついつい暴走して独りよがりな内容に偏ってしまいがちです。こういった話はたまにだけということで、続きはちょっと先に延ばしたいと思います。

 さて、ここのところ食品の安全、食糧危機問題が毎日のように目につきます。日本の食糧自給率は39%(2006年)となっていますが、このことも頻繁に取り上げられています。日本は食料を輸入ばかりしているという印象を多くの人が持つかも知れませんが、実は日本の農林水産物、食品の輸出額は大きく伸びているのです。農産物では米、りんご、いちごが畜産では牛肉が大きく伸びています。輸出相手国としては中国、香港が著しく伸びています。

無題
           農水省HPより

 中国では、日本の果物は美味でとても人気があるそうです。知り合いの中国人が言うには「中国のりんごはりんごではない」ということです。福建省出身の彼らですが、日本の果物に味で対抗できるのは桃ぐらいとのこと。日本は工業製品を輸出して豊かになった国なので、工業製品ばかりが目立ちますが、最新の技術と外国にはない自然条件から生まれる農産物を国際競争力の柱にすべきです。外国の経済力が豊かになってくれば購買量は確実に伸びていくでしょう。

 先日、人財研で労働白書の内容をテーマに議論が行われましたが、付加価値の高い労働とは何かということで、それは農業や漁業だと言った先生がいました。なるほど、21世紀のフロンティアは知的労働なのか農水業なのか、どっちにしても新しいトレンド産業が生まれることは間違いないでしょう。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/165-ef324716
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。