やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食品リテラシー
 大手スーパーが食料品のディスカウント店を新たに展開しているようです。ここのところの不況で、少しでも安く買いたいという需要を見込んでとのことだと思いますが青果卸売業者の立場から言えば、「またか」という気持ちです。

 「安く売ればいい」顧客サービスを考えたときに、当然この視点を外すことはできません。ところが、安く売るということは、いろいろなしわ寄せもまた引き起こしてしまうものです。

① 卸売業者、産地の収益を圧迫する
② 価格のバランスが崩れる
③ 農業を衰退させる
④ デフレスパイラルを引き起こす


 低価格ばかりを追求すると、供給者に負荷がかかるだけでなく、消費者の購買力も弱めてしまうことになります。供給サイド(中間流通に関わる者も含む)には、収益が低下、低賃金、モチベーションの低下、長時間労働などの影響を与えます。また、消費者側には、安くて当たり前という意識が根付いてしまいます。その結果高くていいものが売れなくなり、安くなければ売れない、安くなければ買わないという負の循環が生まれてしまうのです。また、供給サイドで働く人たちの生活レベルが低下することで、消費者としての彼らの購買力も当然弱ります。これは、何を意味しているかというと、経済活動に「一人勝ちはない」ということを意味しています。低価格路線で「一人勝ち」しようとすると、周りの経済力を弱め、結果的には「一人勝ち」できないようになってしまうのです。

 卸売業者を通さずに、産地直送すれば、収益は圧迫されないだろうと考える人も多いと思います。実際に流通オペレーションをやってみるとわかりますが、産地→小売店というダイレクト流通には、商流と物流の2側面があります。商流は簡略化できても、物流あるいは、それに付随する作業を簡略化することはできません。これは物量が大きくなるほど難しくなります。したがって、物流コスト、作業コストは必ず発生するので、トータルコストはそれほど変わらないのです。

 さて、農産物、水産物は自然の影響を受けるので、価格が上下します。高いときは高く(もちろんできるだけ安く売る努力は必要です)、安いときは安く、売って買うのが自然だと思います。食は誰しもが生活するために欠かすことができないので、低価格での供給は重要です。それでも、いつも低価格という意識が当たり前になると、作り手の苦労や食品の品質、価値に対する意識が低下してしまいます。別の言い方をすれば、物事を考えなくなるということです。即物主義と言ったらいいでしょうか?昨今の食品の問題の根っこは、食料があまりにも安易に手にはいるため、食品に対して何も考えなくなっていることが原因だと私は考えています。農産物、水産物をはじめとする食料品の価値をもう一度見つめ直す時が来ているように思います。普通の学校では食料の価値についてほとんど教えられていないのが現状です。最近、「学校でも金融教育が必要、金融リテラシーを身につけよう」と声高に叫ばれていますが、「食品リテラシー」の方がずっと重要ではないかと思ったりするものです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/175-d8d644de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。