やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スシロー礼賛
 休みの日となると、外食になるのですが、昨日もスシローに行きました。
 
 我が家にとって、外食とはスシローを意味します。「食べやすさ」「居心地の良さ」「経済性」のすべてを考えると自然とスシローになってしまいます。

 スシローの強みは1皿均一105円という各設定にあると思いますが、はじめて店に行って食べてみて驚いたのが、価格のわりにネタの品質がいいことです。「かっぱ寿司」と比べてみてもその差は歴然としています。また、激安店らしくなく接客サービスも充実しています。まさに「安かろう良かろう」という繁盛店の一番の条件を満たしています。

 私はスシローの経営についてはよく知りませんが、従業員の接客サービスが優れていることから、従業員満足度が高いと予想されます。接客係の表情も明るく、いわゆる社内マーケティング(インターナルマーケティング)も力を入れているはずです。

 生鮮品を扱う商売の鉄則として、非常に商品の回転率が良いことが上げられますが、同社は単品管理システムというを構築して、商品の回転率と品質管理において独自の強みを築いています。(レジの後ろの看板にこのシステムのことが書いてあります)

 安さと品質の両方で勝負する店は、スケールメリットを生かした他社よりも安い仕入れと商品の高回転率を実現しています。食品スーパーでは(株)オーケーなどがまさしくその典型です。オーケーの惣菜の見切り品にするスピードは他社と比較にならないほど速いです。(私の観察によると4時間くらいか?)さて、こういった繁盛店は、仕入れ先に対してはかなり厳しい圧力をかけてくるのが常ですが、スシローはどのようにしているのでしょうか?
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/20-af4096bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。