やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知的不協和とプラス思考
 先日マンションを買ったという記事を書きました。家という高価な買い物となると、自分のとった選択は正しいものだったと何度も思いたくなるものです。いわゆる認知的不協和の法則です。

 認知的不協和とはマーケティング用語で、商品を購入後、「自分の(商品購入)選択は間違っていない」と思いこませるために、正当性を証明する情報や理由を探そうとする性質あるいは行動のことです。当然商品が高額であればあるほど、この性向は強くなります。(商品だけではなく、結婚や就職などにもこの法則は当てはまります)

 さて、商品に限らず100%自分の望む条件が揃ったものは普通はないものです。たとえば、

マンション  場所やグレードはいいが価格が高い あるいは 辺鄙だが新築で価格が安い
就職     好きな仕事だが給料が安い  あるいは   給料が高いが仕事がおもしろくない

などというように、不満足な部分があるので、満足している部分で不満足な部分を打ち消すような心の動きが起こるのです。ただ、このような心理状態は結構辛いものです。なぜなら、

心が葛藤している状態

だからです。よく、「感謝しなさい」とか「プラス思考」で行きなさいとアドバイスを受けますが、心の葛藤無しにプラス思考というのはありうるのだろうかと思ってしまいます。プラス思考というのは心の葛藤のない状態のことなのでしょうか。

 そもそも、認知的不協和とプラス思考は全く別のものかもしれません。何が違うのだろうと考えてみたときに、

認知的不協和  心が過去の行動にこだわっている。将来の不安を打ち消したい。安心よりも不安。
プラス思考    心が将来に向けられている。将来に希望を見出したい。不安よりも自信。

といったような違いがあるように思われます。そう考えてみると、認知的不協和を間違えてプラス思考と捉えないように気をつける必要があるのでは。プラス思考と言いながら、いい結果が出せない人、プラスのオーラが出ていない人は、ここの部分を混同しているのではないかと思うのです。

 認知的不協和からプラス思考への脱皮、これは私自身の課題でもあります。


 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/201-afea6f12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。