やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産は値下がりする
 不動産は底値になったと言われていますが、今後どのような動きになるのでしょうか。先日、不動産屋さんと話していると、1ヶ月前に較べて非常に取引が活発になっているとのことでした。

都心回帰と田舎暮らし

 今は価値観が多様化している時代です。都会がいいという人もいれば、田舎がいいという人もいます。したがって、一律にどこがいいとも言うことはできないのだと思います。都会であれ、田舎であれ、そこが魅力的であるのならば、自然と人が集まり、不動産の価値も上がっていくのでしょう。

 先日、本屋さんの平台で『不動産は値下がりする』(江副浩正著)という本を見つけました。不動産の本は買ったことがないのですが、リクルート創業者の著作ということで買ってしまいました。この本が発行されたのは2007年の8月。つまり、中国特需で大手企業が軒並み高利益を上げ、好景気と言われていたころの発刊です。まさか今のような状況になると著者が予測していたとは思いませんが、不動産が値下がりするという根拠は非常に卓見に満ちたものです。その根拠は


土地は生産され続ける


というものです。特に大都市で土地や居住、オフィス空間が増産され続け、供給過多になると言うのです。なぜ土地や空間が増産されるか、

①建築基準法の改正や規制緩和による容積率の増加
②埋立地(ごみ処理場)の増加
③工場跡地の増加


①、②は考えれば分かることですが、今、製造業の不振を見ていると、③が妙に現実味を帯びてきています。東京湾岸には多くの工業地帯があるのですが、今後どれだけの工場が残るのでしょうか。多くの土地が工場跡地になり、そこが住宅地になる可能性は十分考えられます。私が知る限りでも

豊洲の石川島播磨重工の工場跡地→高層マンションと大規模ショッピングセンター
川崎の工場地帯にある広大な空き地→今後どうなる?


などがあります。著者は都心の居住スペースが増加し、都心がマンハッタンのようになると説いています。リクルートのDNAの生みの親の言葉だけあって非常に説得力を感じました。

不動産は値下がりする!―「見極める目」が求められる時代 (中公新書ラクレ)不動産は値下がりする!―「見極める目」が求められる時代 (中公新書ラクレ)
(2007/08)
江副 浩正

商品詳細を見る
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

やまいもさん

私もまったく同じです。
アンテナを立てていると、数多くの情報の中から必要なものだけを簡単にキャッチしますね。
【2009/02/14 12:33】 URL | やっちゃばの士 #- [ 編集]


この本、ぼくも読みました。

新居を考えている只中だったので、
こういった本には敏感に反応する私がいました。

本としては、ちょっと散漫なところはありますが、
ご指摘のとおり、するどい視点があることは
事実ですね。




【2009/02/14 00:18】 URL | やまいも #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/208-1c1a23aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。