やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

付加価値を上げよう
 市場はここのところのんびりしています。ところで、一般に流通業界の所得は他の業界よりも低いと言われています。また、休日が少ないのも特徴で、他業界の人と月給が同じでも1日あたりに直すと労働日数が多い分相対的に少ない稼ぎとなってしまいます。労働投入量のわりに見返りが少ないのですから、就職先として人気がないのは当然でしょう。

 なぜ、所得が低いのか?
それは、企業の生み出す成果の付加価値が低いためです
 低い付加価値で正社員にある程度の給与を保障しようとすると、なかなか人を増やすことができません。従って、正社員が長時間労働をしなければならないという悪循環に陥ります。

では、どうすれば付加価値を上げることができるのでしょうか。

①モノ自体の付加価値を上げる
②モノに付随するサービスで企業活動全体の付加価値を上げる

①に関しては、流通業は自社で商品を生産するわけでないので、市場環境に左右されるという他力本願になってしまうので難しい。値上げすればそれこそ誰も買ってくれないでしょう。

②について。モノに固執することは、柔軟な発想の妨げにもなります。青果物の販売なら、青果物を売るのではなく、「健康に関することを売る、美容に関することを売る」といったような幅広い視点から自社の強みを分析し、新しいサービスを作っていくべきです。青果物は自然のモノなので、そもそも製品ライフサイクルといった概念が存在しないので、何もしなくても商品が回転するといった特殊性がありますが、そのままではやはりジリ貧です。

これからの時代は「モノ」ではなく「コト」を売っていかなければ生き残っていけないでしょう。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/22-0834bb24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。