やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新富裕層と新知識層③
 次のような例え話があります。


 アフリカのどこかの国では、飼っている羊の数で社会的地位が決まるそうだ。ある日本人の女の子が、留学先のイギリスでそのアフリカのどこかの国から来た学生と友達になって「お前の実家では、羊を何頭飼っている?」と訊かれた。一等も飼っていないと女の子が答えたら、同情されたという話がある。
 この話は笑えない。羊をお金と言いかえてみれば、話はそっくりそのまま僕らにも当てはまる。羊に数で社会的地位を決める人が滑稽なように、僕らもまた滑稽だ。(島田紳助『ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する』より)



 「お金」を「知識」と言いかえてみたらどうでしょうか。「知識」を持っている人が、必ずしも社会的地位が高いとは言い切れませんが、常識的に考えて「知識の豊かさ」と「お金持ち」は相関関係があるので「知識の豊かさ」と「社会的地位」も相関関係があります。なんだか3段論法のようですが、「知識」の量によって「社会的地位」を決める人がいたら滑稽かもしれません。

 それでは次の言葉からどのようなイメージを抱くでしょうか?キーワードは「飢える」です。

食に飢える。
お金に飢える。
知識に飢える。
愛に飢える。


このように並べてみると、マズローの欲求5段階ピラミッドを連想してしまいます。「食への渇望」は生理的な欲求、「お金の渇望」「知識の渇望」は安全の欲求、所属の欲求、承認の欲求、自己実現の欲求と高次のカテゴリーに分類することができます。「愛の渇望」は所属、承認、自己実現とより高次になります。それでは、「お金の渇望」と「知識の渇望」と「愛の渇望」はどういう関係があるのでしょうか。所属、承認、自己実現はどんなにお金や知識があっても一人では成り立ちません。つまり、「お金」「知識」を得て、人(人々)から愛されることによってこそ、これらの欲求が初めて満たされるのです。

このように考えると、

「お金」も「知識」も「愛」をえるための手段にすぎない

ということになります。エネルギーとなって消費される「食」よりも、価値創造性、価値変換性のある「お金」や「知識」はポータブルな価値があります。さらに有形の「お金」よりも無形の「知識」のほうが
ポータブルです。4つのパーソナル資産のところでも述べましたが、今価値観は有形なものから無形なものへ、実(結果)から実を生み出す能力(種)へシフトしつつあります。

「知に飢える」「知識を渇望する」この言葉は無抵抗に善として受け入れられていると思いますが、私はあえて疑ってみたいと思うのです。もしあと1日しか生きれないとしたら、次のどちらを選ぶでしょうか

ひとりで書物を読むか それとも 家族のためにご飯を作るか

 私は読書が大好物です。「3度の飯より読書」と言えば大げさかもしれませんが、大好物です。読書を腹いっぱいして、満足した時にふと思うことがあります。「この満足感は、食べ物で腹いっぱいになったのとどこが違うのだろう」食欲とちがって、腹いっぱいになってもすぐ新しい本が欲しくなるのですから、知識欲は中毒のような性質があると言えるのかもしれません。そして、知識を形に残すためにアウトプット(メモ、ブログ)。ここでとりあえずの満足を覚える人は多いと思います。

 ブログは道楽である(大橋悦男『成功ハックス』より)

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/236-9803633c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。