やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供を持つこと
 前回の記事で、親としての人生を送ることができない人生は、3分の2の人生だと述べました。配偶者も子供も自分の自由になるものではないので、自分の所有物が増えるという意味ではありません。親としての人生を送る醍醐味は、親としての心を得るという一点につきると思います

 親としての心とはどのようなものでしょうか。深い許しの心。無条件に与える心。厳しさを遠慮なく与える心。この心を対象に注げば注ぐほど、心の軸は強まっていきます。そして、人格の背骨となっていくのです。この親としての心は、実は社会あるいは会社の組織においても重要です。

 普通、上司には30代に入ってからなることが多いですが、これは単に年功あるいは実績だけの問題ではないと思います。30代になれば、結婚をして子供もできます。すなわち、親になるはずです。会社の人間関係を家庭の人間関係の延長線上に考えれば、

①上司との関係は親、あるいは兄、姉との関係
②同僚との関係は兄弟姉妹との関係
③部下との関係は子供あるいは弟、妹の関係


になると思います。ここで、3つの関係のすべてに兄弟姉妹の関係が登場していますが、会社の人間関係の基本は兄弟姉妹の関係です。「人類みな兄弟姉妹」という言葉があるように、家族以外の人間関係は2親等を超えることはできないのです。しかし、兄弟姉妹の関係の強さは大きな幅があります。他人に対して、どれだけ本当の兄弟姉妹に対するのと同じような心を持つことができるかは、親としての心、子供としての心という垂直方向の心から派生して出てくるものだと思います。そういう意味において、上司は親としての心を持っているほうがいいのではないでしょうか。上司のほうが年齢が高いのは理にかなっていることだと言えます。

結論として、子供を持つことは自分の心を育てるために必要ということになります。

「自分の心が育たない限り、子供も育たない」という寛容な心を自然に学べてしまうのです。だからこそ、子供を早めに持つことは気づきや自己成長を促進できるのではないかと思います。(勝間和代『おきていることはすべて正しい』)

ですから、本来のリスク教育とは、家庭内教育の分野になります。やはり、普段の親の言動や、親がどのようにそのリスクをマネージしているのか、あるいはリスクとリターンの関係をどのように教えるのかということの蓄積になるのです。(勝間和代『会社に人生を預けるな』)

もし子供がいないなら、養子をとるのもひとつの方法だし、里親なども良いでしょう。アメリカでは、養子をとった人たちをよく見かけます。(中略)すべての人が自分の決めた価値観で生きているのが当然ですから、子供を持たないのも自由だし、独身コースも自由だけれども、それではさまざまな世代での情報に送れるという現象はどうしても避けられません。このことだけは、何とか別の方法で補うようにするのがいいのではないでしょうか。(大前研一『親が反対しても、子供はやる』)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

やまいもさん

めんどくさい>喜び と考えている人のために今回は書いてみました。
【2009/05/21 18:21】 URL | やっちゃばの士 #- [ 編集]


>結論として、子供を持つことは自分の心を育てるために必要ということになります。

まったくそのとおりですね。2/3の人生といわれたときは、少し違和感がありましたが、
確かにその通りですね。

これだけ、一面でめんどくさい存在に対して
喜びを抱き続けることができるというのは、
考えてみれば、すごい体験ですよね。
【2009/05/20 22:18】 URL | やまいも #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/248-ddaa9d87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。