やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「働く」と自己
 やまいもさんのブログ『大人の人生はおもしろいか』の「仕事とエゴ」というエントリーに啓発されて記事を書きます。やまいもさんはこの記事の中で経済評論家、山崎元氏のブログでの発言を取り上げています。

 「日本社会は働くことが人々のアイデンティティーになり過ぎている」という指摘は正しい。失業の際の喪失感が異様に大きいし、仕事を失うと自分を失ったように思うことが多いというのもその通りだろう。付け加えると、世間も、失業者・無業者に厳しい。こうした社会的な価値観は解毒する必要がある。働くことは大切なことかも知れないが、本人は好きで働いているのだから殊更に立派なことではないし、働かずに食えるなら、それはそれで大したものであって、他人がとやかく言うべきものではない。(『王様の耳はロバの耳』より)

 このことから、日本人の自殺率の問題や勤勉さの特質といったものを連想しますが、

「働くこと」=日本人のアイデンティティ

という観念はどこから生じてきたのでしょうか。勤勉が美徳とされるのは、むしろ西洋のプロテスタンティズムにおいてのほうが、はっきりしています。キリスト教においては原罪という日本にはない概念があります。

原罪とは神から離れてしまった状態

 神に帰るためには労働が必要であるとしたのがプロテスタント(特にカルヴァン派)の考え方です。ここで重要になるのは、労働はあくまで個人と神の間で生じる義務であることです。したがって、労働は神とつながるための手段に過ぎないということになります。そして、他人との関係は神を親とする兄弟姉妹の関係であるということです。相互扶助の精神の背後には、この揺るぎない論理があります。ここにはしっかりとした個人主義と兄弟主義が神を媒介として確立しています。

 日本には、キリスト教の言うところの神が存在しません。神との関係性がないため、ふらふらとした個人主義になってしまいます。このふらふら感は不安定な状態で、他者との関係性の中で安定を図ってきました。つまり絶対的な理念の根拠、よりどころがないのです。したがって、相互扶助の拠り所も、情緒的な良心です。また不安が大きくなると、集団主義の安定に頼ろうとしやすいです。

 このように揺れるアイデンティティを安定させるために、周囲との共通価値観である「働く」=「職業」を自ら第1のアイデンティティとするのではないでしょうか。また、兄弟姉妹という概念がないために、「助けてもらうこと」を恥とする意識が強いのではないかと思います。

 上記のようなことがすべてだとは言いませんが、日本人の仕事とアイデンティティの関係に少なからず影響しているのではと考えています。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
Re: タイトルなし

> 「働くことで精神的安定と充足感が得られる」とする職業倫理があったようです。

「働く」とはどういうことか、歴史をさかのぼって考えてみたいと思います。

そこから、人種の「働く」観の差異の原因を確かめたいのです。今後の「働く」あり方について、何かいいヒントを得たいです。

【2009/07/17 22:47】 URL | やっちゃばの士 #- [ 編集]


>分業化された先進国ほど職業に対するアイデンティティの比重が大きい

分業化ですか?
分業化がアイデンティティの比重を大きくする?

それもあるかもしれませんね。

私自身この疑問がよくわからなかったので、
調べてみました。

そうしたら、次のような記事を見つけました。

http://dndi.jp/00-ishiguro/ishiguro_17.php
http://dndi.jp/00-ishiguro/ishiguro_18.php

この記事によると、日本人には江戸時代から
「働くことで精神的安定と充足感が得られる」とする職業倫理があったようです。

PS.上記の記事はおもろいですね。
マックス・ウエーバーの指摘する、「プロテスタンティズムの倫理」(=禁欲)
と、日本人の労働観・消費観(=一意専心・質素倹約)に共通項目があり、それが資本の蓄積、資本主義の発展をを可能にしたという指摘は面白いですね。
【2009/07/16 23:05】 URL | やまいも #- [ 編集]

Re: タイトルなし
やまいもさん

このようなつっこみが来るのを予想していました。

他のアジア圏と何が違うのか。私は分業の発達が大きく影響しているのではないかと考えています。つまり、高度に分業化された先進国ほど職業に対するアイデンティティの比重が大きいのではないかと。やまいもさんはどう思いますか?
【2009/07/16 21:38】 URL | やっちゃばの士 #- [ 編集]


>このように揺れるアイデンティティを安定させるために、周囲との共通価値観である「働く」=「職業」を自ら第1のアイデンティティとするのではないでしょうか。

なるほど。確かにそうかもしれません。

しかし、このような未発達な個人主義というのは、
他のアジア圏の国々にもあるのだとおもうのですけど、
これらの国のひとたちって、結構、仕事に関して「淡白」なイメージがあります。
どうしてなのでしょうかね?


【2009/07/15 21:48】 URL | やまいも #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/271-d390932b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。