やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できちゃった結婚に思う
 あるニュースサイトを見ていたら、結婚するカップルのうち、26パーセントが「できちゃった結婚」ということでした。その割合は増加傾向にあり、昔と比べて当たり前となってきているようです。「でき婚」専門の結婚式サービスメニューもあるようで、デキ婚

オメデタ婚
授かり婚


などとソフトなネーミングで呼ばれているようです。このようなソフトなネーミングが普及してくると、デキ婚に対する意識的なハードルはますます低下してくることでしょう。デキ婚が良いか悪いかは別にして、私はこの傾向は問題があるのではないかと思っています。なぜなら、


デキ婚の離婚率が高い


という事実があるからです。リスクとリターンという観点から考えたとき、リスクのほうが大きいと私は考えます。確かに、子どもができたことで、結婚に早く踏み切ることができるといった利点もあるかもしれません。しかし、これは熟れない果実を早くもぎ取るようなもの、ものごとの順番を間違えて進めることと同じではないかと思うのです。離婚率が高いということは、結婚という果実がうまく実りにくいこということです。

子どもがいなければ、夫婦間だけの問題で解決するでしょう。ところが、デキ婚の場合は子どもが存在します。デキ婚夫婦にとっての子どもとはどのような存在なのでしょうか。

結婚のきっかけとなったキューピッド

というプラスに捉えることもできますが、これはあくまでも結婚生活がうまくいった場合にいえることであって、逆の場合は、

最大の重荷であり、不幸の原因

となります。人間の心理とは不思議なもので、状況によって180度変わるものです。これでは、子どもがかわいそうです。不思議なことに、デキ婚でできた子どもは同じように自分たちもデキ婚をする傾向があります。

デキ婚で離婚した場合、だいたい母親が子供を引き取って育てます。母親にとっては、子どもは自分の肉身という意識が強くあるからでしょう。このようにして、シングルマザーが誕生します。シングルマザーの生活は大変です。有能で稼いで活躍しているシングルマザーもいるようですが、常識的に考えるとシングルマザーの生活のリスクは大きいです。


デキ婚は長期的にみるとリターンよりもリスクが大きい


ソフトなイメージの言葉の背後にある現実を見るべきです。デキ婚以外にも、

刺青→タトゥー

のようにソフトなネーミングは、抵抗感を少なくする魔力があります。特に、周りに流されやすい日本人はこの魔力に簡単にかかってしまいやすい体質にあります。また、自分の生き方に満足していない人ほど、せつな的な行動を起こしやすい傾向があります。

「軽いノリで」という言葉にの裏には、「刹那的に生きている」「不満足な思い」

という真実が隠れています。


長期的に自分はどのような人間になりたいのか、どのような人生を送りたいのか、本質を自分の目で見究める姿勢が必要だと思います。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/279-4daa4c1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。