やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この国の経営は
 選挙一色になってきました。民主党、自民党ともにマニュフェストを発表していますが、どちらも表面的なものばかりで魅力を感じないのが現実です。なぜ魅力を感じないのでしょうか。2つの切り口から考えてみたいと思います。

①そもそも自民党と民主党の考えに違いはあるのか

民主党の中心メンバーは、自民党の田中派の人たちです。彼らの思想の中心はアンチ自民党です。それ以外何もありません。まったく違った思想を持った人たちがアンチ自民党という一点で集まった寄り合い政党が民主党です。また、自民党にもいろいろな思想を持った人たちが存在します。自民党という長年与党ブランド価値に引き寄せられて集まったこれまた寄り合い政党です。(だから、自民党から離党して簡単に民主党に鞍替えができてしまいます)当然のことながら、

相手といかに違う政策を打ち出すか

ということが政策の基準になってきます。これでは問題解決の基準がずれてしまうので、政策がどこか不自然なものになってしまうのです。経営コンサルになぞらえてみると、問題解決の基本は

俯瞰地図の中に着地点(目標、望ましい姿)を描き、そのために何をすればいいか

という非常にシンプルなものです。つまり、ここでは3つの観点が不可欠なのです。

①着地点(結論)
②全体図(フレームワーク)
③課題の抽出(複雑な事象の単純化)


の3つです。この3つ以外のものは必要ではありません。ここに、感情や独りよがりな思いが入ってくると、問題解決から遠ざかっていくことになってしまいます。アンチ○○党などという考え方は、問題解決からはほど遠いといえるでしょう。ただ、日本人は白か黒かはっきりさせたがる民族なので、政党の主張が同じものだと、選挙的にはまずいという事情があることも確かです。


②政策は実現可能で、しくみ作りができるものでなければならない

実現不可能な提案書は、ビジネスではまったく相手にされないのが現実です。また、どのように目標を実現するかという具体的な計画が示されていなければ、意味がありませんん。うわべだけのマニュフェストのように感じてしまうのは、この当たりに原因があります。

また、政策の真の目的は、国民あるいは経営体が自立できるしくみを作ることにあります。補助金や助成金は応急措置的なもので、あくまでも自立が目的です。自立の仕組み作りができなければ、この応急措置は単なる「バラマキ」と取られても仕方ありません。

補助金のための補助金、助成金のための助成金

という感覚麻痺に陥っていないか考える必要があると思います。例えですが、子供にお金をあげるのではなく、お金を生み出す実力をつけさせるべきです。

100万円の一時金より、毎月10万円の稼ぎを生み出す仕組み作り

が政策の真の目標、目的であるべきです。「努力なくして成功はありえない」という当たり前のことを受け入れる「厳しさ」が政治家にも国民にも必要なのではないでしょうか。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/280-ebf9f37b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。