やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治的解決に譲る
会社で資材の取引先の見直しを行っています。私の目指す資材調達のプライオリティは価格ではなく、ロットと調達リードタイムです。つまり、取引先にはジャストインタイム対応を求めています。

 先月、ある既存取引先に、ジャストインタイム対応ができないなら、それができる業者にチェンジする旨を言い伝えました。この会社の営業マンとは親しく人情的には気が進みませんが、自ら決定した目標・方針を達成するために決断したのでした。

 私の今回の要求は、営業マンレベルで解決できる問題ではなく、経営レベルで動かなければ解決できないものでした。営業マンレベルで解決できないなら管理職レベル、管理職レベルで解決できないなら経営レベルでの対応が必要になります。

 このいずれのレベルにおいても、問題解決の中心は顧客の要求を自社の経営資源をいかしてどのように満たすことができるかというものでなければなりません。ところが、この会社は経営レベルにおいて、顧客ではなく自社の都合を中心とした解決手段を出してきたのです。すなわち、政治的解決手段を用いてきたのでした。詳しいことは言えませんが、「取引をやめれば、お宅に便宜は図らないぞ」という高飛車な対応をしてきたのです。

 このような対応を取られると、顧客の立場からすると悪い印象しか持ちません。情けである程度の資材についてはそこの会社のために残しておこうと考えていたのでしたが、そのような気もなくなってしまいました。

 ただ、会社における取引の中では、譲歩も必要です。私は熱くなってしまいしたが、ここでの取引はあくまでも、私対取引先の会社ではなく、私の勤務する会社対取引先の会社です。そもそも会社対会社の関係はドライなもの、個人の強い感情が入るのはあまり良いことだと思いません。大人になって一歩引いてみて考えることが、長い眼で見ればよいのではないかと思います。

無題
中小企業の組織レベル構造
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/294-c175a57c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。