やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内部告発の背後にあるもの
 先日、ある大手流通小売店において、生鮮食料品の製造年月日の偽装が発覚し大きく報道されました。裏情報を取ってみると、どうも派遣社員の内部告発だということでした。

 ここのところ、産地偽装や製造年月日の改ざんなどが次々に発覚し、それを受けて、マスコミや食品ジャーナリスト、コンサルタントは食品の信頼と安全安心が揺らいでいると声を張り上げています。私はこういった報道を見ると


またか


と思いますが、食品偽装をするモラルのない会社が多いということに対してではなく、こういった事件を声高に叫ぶ人たちに対してです。


記事としてはまったく平凡で、意見としては平面的


うんざりします。こういった事件の背後にはあまり表に出てこない2つの事実があります。


1つは、偽装や改ざんは昔から行われてきていて、最近はむしろ減ってきているということ。食品の表示について厳しくなったのは最近のこと。昔はもっとずさんだったのです。


2つめは、産地偽装の発覚はすべて内部告発によるものだということです。抜き取り調査や検査で発見できるということはまずないと思っていいと思います。内部告発をするということは、会社が不利益を被るということであり、会社が不利益を被るということは、社員も不利益を被るということです。ところが、なぜ社員は不利益を被る行動に出るのか、それは


会社の利益と社員の利益は一致しなくなっている


ということです。会社が儲けても、損しても自分には関係がない、特に派遣社員やアルバイト社員の内部告発が多いことはこのことを物語っています。心理的な問題としては組織への帰属意識、上司への帰属意識がないということになります。

また、成果主義の浸透した会社においては、社員同士はライバルなので、下手なことすると競争から蹴落とされるので、偽装などの不正はあまり起きません。偽装が発覚する会社はほとんどが、競争意識があまり働かない、老舗企業か中小企業、部署では製造現場です。


上記のように、内部告発は社会的正義という大義名分から行われるのではなく、疎外感や嫉妬心などの個人的な心理を動機として行われます。そういう意味では、外から社員、派遣社員、パートを採用するということは、家族の中によそ者を招き入れるようなもので、慎重さが必要です。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/298-2d5c7cbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。