やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名ばかり管理職について
 ここのところ、名ばかり管理職のサービス残業問題で会社が裁判で負けるケースをたびたび見かけることが多くなりました。不況のため残業は減っていると思いきや、不況であるからこそサービス業を中心に実りの少ないサービス残業が目立つようになってきているのかもしれません。

 なぜこのような問題が起こるのでしょうか。それは管理監督者の労基法上の扱い方に対する認識が曖昧だからということになりますが、それ以上に管理監督者の責任と権限に対する理解が曖昧であるという根本的な原因があります。

ここで労基法の労働時間の適応外となる管理監督者の条件をあげておきます。

①実質的に経営者と一体的な立場にある
・業務内容、職務内容が一般社員と異なる
・部下の人事権を有する。人事考課の査定権限を有する。
・役員会への参加と決議権。
・部下の数が少なくない。

②出退勤についての自由裁量権がある
・出勤簿はつけていない
・就業時間に拘束されない
・欠勤、早退などの上司への届けは必要ない

③地位にふさわしい賃金面での処遇
・一般社員賃金よりも相当に増額された賃金
(残業や休日出勤などをしない状態で)

あと、管理監督者のあつかいで、よくあるのが「年棒制で残業代は含まれている」という根拠です。これに関しては、残業代を否定するための根拠とすることはできません。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/301-a5c10bac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。