やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚の教科書
 ここのところ「どうすればよい結婚をすることができるか」ということに、特に女性を中心に関心が強まっているように感じます。ちょうど私が20代だった1990年代は、「キャリア、自立」ということが若い女性の関心を集めていたように思います。


1990年代          会社でのキャリア
2000年~リーマンショック 会社でのキャリアよりも起業、独立
リーマンショック以降     自己実現よりも結婚



かなり雑ですが、社会の状況を見て、自分ながらに感じた世界です。結局、会社では男性に勝てなかったり、自己実現できないと感じて、自分らしさを発揮できる起業、独立に方向転換し(ホリエモンブーム、カツマー、好景気、ブログの興隆)たが、現実は厳しく、独身で年をとってしまった前者(キャリア組)と数少ない成功者からもれた後者たちが、結婚に目を向けるようになったということでしょうか。


 テレビで結婚をテーマにしたレギュラー番組を今日やっていました。この番組は視聴率が高いようで、結婚をテーマにした番組はそのほかにも最近になって始まったものがあります。視聴率第1主義のテレビ局がこのような番組編成を組むことは、結婚についていかに関心が高いかということがわかります。


 結婚に関しては、個人的なプライベートな問題として「社会の規制」がないということを前にブログで述べたことがあります。「自由でOKだけど責任が伴う」のが結婚です。すべての物事の因果関係をたどっていくと必ず結婚に突き当たります。したがって、


いたずらにカップルを増やすのではなく、よいカップルを増やす努力が重要です。このことは、ただ子どもの数をいたずらに増やす少子化政策では限界があることにも関連してきます。


 これからは、おそらく「結婚の教科書」のような結婚の意味や価値にまで言及していく著書やセミナーがブームになっていくと私は予測しています。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/303-a54b9a4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。