やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新政権は悪魔か天使か
 ここのところ、民主党の小沢幹事長の強引なやり方が目立つようになりました。民主党の政策は、事業仕分けなど評価すべきものもありますが、近視眼的であまりにもお粗末なところの方が目立つような気がします。


大きな国民の期待で誕生した民主党政権

ですが

期待はずれどころかもっとひどい


のではないかと思うことがあります。国民を土壌、政治経済を植物にたとえるなら、よい政治が生まれないのは、その土壌に原因があると思います。もっと言えば、自民党政権の時代から、国民の政治意識という土壌が弱っていたということになります。

ちょっと話が飛躍しますが、疲労した体制が革命で新しい体制に変わるとき、結果として前の体制よりももっと悪くなることがあります。

フランス革命後の恐怖政治
ロシア革命後の共産主義
ワイマール憲法時代後のナチスの台頭
植民地解放後の共産主義体制(中国、北朝鮮)


悪政により疲労していた国民が期待した新政が、前の体制よりももっとひどかったという例は歴史に多く登場します。脆弱な国民の政治土壌の上には、しっかりとした政治という植物が根付かないのです。


悪魔は光の天使を装ってくる


当然新政権に悪意はないと思いますが、現状を見ていると、上記のような気持ちを抱くことがあります。いずれにせよ、根本的な原因は私たち国民の政治的土壌の脆弱さにあります。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/307-9f48fa1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。