やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お歳暮の峠を越えて
 12月も半ばを過ぎました。前半は果物のお歳暮ギフトでとても忙しくしていました。不況とはいえ、多くの人がお歳暮を贈るものなんだということを改めて実感しました。私の会社は、デパート、スーパーのギフトを扱っていますが、デパートの落ち込みは大きく、スーパーも昨年より減っています。ただ、リーズナブルな価格帯の商品は逆に数量が増えているものもあり、「安くてもいいから何か贈り物を」という贈り手の心の内が読めるような気がします。

 さて、青果物のギフトを扱っていると、必ず傷み、クサレなどのクレームが発生します。青果物は傷みやすいので、宅配便が届いてからすぐに開封しなかった場合、ロスが発生する確率は高いです。したがって、価格もある程度ロスを見込んだものにしなければなりません。また、クレームが悪意によって起こる可能性もあります。商品がどのような状態になっているのかは、お客さんのみぞ知るというのが、ギフトの宿命です。


リンゴが1個腐っているだけで再出荷。リンゴが12個セットだった場合、11個はタダで得ることになる


ギフトというビジネスが成り立つためには、


善意と信用


という前提が必要です。情報の非対称性を埋めることのできるものは、信用しかないのです。青果物のギフトビジネスが成り立つということは、善意と信用がある社会であるということもできます。

 先日、つかの間の休日、ディズニーシーへ行ってきました。ここのビジネスも善意と信用によって成り立っていると言えます。また、誰もが善意と信用を取り戻す雰囲気を持っているので、正のスパイラルが起こってますます気持ち良くなるのがディズニーリゾートの大きな魅力であると思います。

CIMG0483.jpg
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/314-9c4ff066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。