やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作業現場の知識労働
 市場というところは、非常に労働集約的なところです。もちろん、IT技術は経営のいたるところに活かされていますが、時間とともに腐っていく青果物を扱うためには、正味、選別、パッケージなどの肉体労働は不可欠です。

 
 製造業のように納期まで十分な時間がないのが、この業界の大変なところです。こなせないような量の仕事も時間内にこなさなければなりません。おそらくほかの業界から転職してきた人はつまずくと思います。私もこの業界に入ってから何度も悩んできたものです。私の会社のスタッフは日本人ばかりですが、日本人の仕事のやり方では仕事が間に合いません。したがって、中国人のいる会社に仕事を依頼しています。


日本人はいかに楽をして時間を稼ぐか
中国人はいかに多く仕事をこなしてお金を稼ぐか


 残念ながら、日本人の仕事のスピードは、中国人の半分です。先日、同じ仕事を並列のラインで行いましたが、私はショックを受けたものです。品質は同じレベルです。責任者としての責任を感じてしまいました。動きを見ていると、中国人の動きには無駄が全くありません。隊列を乱さない軍隊を見ているようです。

 ドラッカーは知識労働について3種類あると述べています。

①仕事の成果が純粋に質で問われる知識労働。研究、編集、放送など
②仕事の成果が質、量ともに問われる知識労働。店員。技師、広範囲にわたる
③その成果が肉体労働と同種の仕事。質は制約条件であり、成果は量のみで問われる。作業的労働


このドラッカーの定義にあてはめると、中国人たちの仕事は肉体労働であるが同時に③の知識労働を果たしていると言えます。日本人が頭から「できっこない」と思う仕事を、こなす中国人は知識労働を同時に行っていることになります。逆に、日本人は文字通りの肉体労働しかしていないことになります。

 今の世の中を見渡してみて、おそらく同じような現象が他の業種でもみられるのではないかと私は予想しています。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
Re: タイトルなし
sasagawaさん。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします。
中国人たちの、働く姿をみていると「生きるパワー」をいつも感じます。
【2010/01/13 19:10】 URL | やっちゃばの士 #- [ 編集]


旦那の仕事でも受付の人を雇っていますが、最近の日本の労働者は、とかく労働に対する報酬ばかりに気を取られ、労働そのものに対する責任があまりないように感じます。近年の中国の経済成長の裏には、こういう事情があったことを考えると、日本の将来が心配でなりません。
【2010/01/12 11:53】 URL | sasagawa #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/317-d1419179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。