やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中小企業診断士本 『高校生でもわかる日本経済のすごさ!』
 今回から、診断士の書いた本についてブログで紹介したいと思います。三橋貴明氏の『高校生でもわかる日本経済のすごさ!』です。三橋氏の著作を読んだのは今回が初めてですが、彼は2ちゃんねるから作家デビューした異色の診断士です。肩書きは診断士よりは作家もしくは経済評論家がふさわしいと思います。

 三橋氏の得意な分野は経済分野で、十数冊の著作のほとんどが経済関連です。その特徴は日本経済楽観主義とマスコミの偏向報道への批判にあります。世論とは逆の意見をずばりというその斬新さは読んでいて面白いです。保守的な反権力者(マスコミは第4権力とも言われる)といった感じです。

 本書は、「高校生でもわかる」という副題が付いていますが、いわゆる「~~がわかる本」といった解説本とは一線を画します。章が4つで、章の中に節がなく、その結果章がとても長くボリュームのあるように感じさせるところがあるのが特徴です。

第1章 消費税は上げる必要はないのです。

政府の借金は、日本国民の債権であるため、借金(国債)が増えても問題ないし、消費税を上げて借金を返済することはナンセンスだと言います。

第2章 円高で経済破綻するなんて、大嘘です。

日本経済に対して、輸出が及ぼす影響は小さい、なぜなら、外需依存というのは根拠がないからと言います。この論に関して、私はGDPの計算式にトリックがあるのではないかと思ってしまいます。

GDP(支出面)=個人消費+政府消費+公共投資+民間設備投資+(輸出-輸入)

上の式に関して。日本は輸出大国であると同時に輸入大国です。従って()の中(純輸出)が相対的に小さくなるのは当たり前です。また、輸出で稼いだお金が、所得や税金として個人消費に回るのですから、純輸出のGDPに占める割合が小さいから外需依存はないというのはどうなのかなと個人的な疑問があります。

第3章 日本ほど有望な国は、世界に一つもありません。

日本の格差論は嘘。最もお金持ちな日本。犯罪の少ない日本。1億以上の人口を抱える大きな国内市場。単民族国家日本。このようにポジティブな面ばかりが強調されます。最後の一撃は、日本は国内市場のことだけを考えていけばいい、英語を勉強する必要はないという提言です。ちょっと大げさかもしれませんが、的をついています。一方、高齢者層の格差が問題であること、国民総所得が減少していることの問題点も指摘しています。

第4章 年金制度は心配ありません。

日本の年金制度は世代間賦課方式で受給者に支払われるため、未納率は問題ではない。ただ、経済が失速すると問題。年金よりも、医療福祉の方が心配。


上記の主張をまとめると、


①日本人は日本に誇りを持つこと
②経済成長が第1の課題であること



ということになるでしょう。三橋氏は今度の参院選に自民党から立候補するようです。

高校生でもわかる日本経済のすごさ高校生でもわかる日本経済のすごさ
(2009/08/29)
三橋 貴明

商品詳細を見る

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/320-8e93a3a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。