やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーンツーリズムから学ぶもの
 あることがきっかけで、今グリーンツーリズムについて研究しています。グリーンツーリズムとは

「緑豊かな農山漁村地域において、その自然、文化、人々との交流を楽しむ滞在型の余暇活動」、「農山漁村で楽しむゆとりある休暇」とも言いかえられる。グリーンツーリズムの基本は、農山漁村に住む人々と都市に住む人々とのふれあい、つまり都市と農山漁村との住民どうしの交流である。(ウィキペディアより)

 



 私が関心を持っているのは、グリーンツーリズムを楽しむ方ではなく、企画する方で、何人かの友人とともに案を出し合っています。先日、内部資源、外部環境のマトリクス(SWOT分析)を行ってみました。分析表を作っていると、あることに気がつきました。それは、グリーンツーリズムという観点にはそもそも、T(Threats脅威)という概念が存在しないということです。脅威とは、経済状況や、政治状況、環境などを指すこともありますが、一番はやはり競争相手(ライバル)のことを意味します。なぜ、競争相手という概念が存在しないか。それは次の表を見るとわかります。

b.jpg

 従来の競争相手と言う概念は「観光」でこそ生じるものの、「グリーンツーリズム」には生じません。隣の自治体がいかに観光資源に恵まれていて、自分の住む自治体が観光資源がなかったとしても「グリーンツーリズム」には大きな問題ではありません。問題はいかにある経営資源を生かして、都会の人びとに楽しんでもらえるグリーンツーリズムを作るかということで、自治体の人々の教育や組織作り、一体感などのソフト価値を高めることが最重要課題です。
 
 私はこのことを考えると、「グリーンツーリズム」とは経済性を追求する競争ではなく、生活性を追求する共生の原理が元になっていると思います。もちろん、結果的に経済効果は必要ですが、企業のようにひたすら利潤だけを追い求めるものでもありません。そこには「ほどほどにみんな生きていく」という思想があり、勝ち負けという考え方はありません。

 このグリーンツーリズムの考え方は、中山間地域が生きるために必要な考え方であるとともに、企業の競争が激しく繰り広げられる都会にも応用が可能ではないかと思います。勝ち負けの思想だけでは社会が破たんするのは考えればすぐにわかることです。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/325-0d9ade20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。