やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経営理念
 先日、ある人材派遣会社の課長が飛び込み営業に来ました。私はすぐに断ろうと思ったのですが、「我々はハローワークの代わりを社会的に果たす存在を目指しています。」という言葉に、話を聴いてみようと心が動きました。

 今後、派遣制度の規制が強まっていくことは目に見えていますが、今の世の中にあって、企業が生き残っていくためには、派遣のように労働力を機動的に調整できる仕組みが必要です。モノやサービスを供給側の事情だけで提供できる時代は、今後革命が起らない限り二度と来ることはないでしょう。一方、労働者あるいは失業者の雇用を機動的に準備する必要性もあります。残念ながら、今のハローワークの職員は、所詮役人、求職者を企業に紹介したところで報酬がアップするわけではないので、数多くの求職者に対して機械的に紹介状を書くだけに留まっています。

 そういう中にあって、派遣会社はまるで「労働者の敵」と言わんばかりに、規制の対象としてやり玉に挙がっていますが、私は派遣会社の社会的役割というものについて冷静に考える必要があるのではないかと思います。ニーズのあるところには市場が生じます。市場性が社会的にかなったものであれば、そこにはビジネスチャンスが生じます。

 グッドウィル、フルキャストを始めとして倫理規範を失った営業をしていた作業系派遣会社は今勢いを失うか、淘汰されているのが現状です。このことは市場が豊富であっても「儲かればいい」という経営理念なき経営では、経営を持続させることができないことを物語っています。特に、人材派遣、教育、介護、福祉など人を扱う経営には高い倫理規範が絶対に必要です。「儲かるから介護産業に進出する」といった動機だけで長続きするわけがありません。

 経営には、経営プロセスがあります。経営プロセスを無視した経営は成り立ちません。その経営プロセスの一番最初が経営理念です。経営のすべてが、経営理念から出発します。経営理念がない経営は、生甲斐がないながらも衣食住には満たされて生きている人間と同じです。そのような生き方では、当然心を満足させることはできません。

 マッキンゼーのバウワーは、『経営の本質』の中で、経営プロセスは経営の本質であり、経営理念とは、信念、価値観、会社としての姿勢など骨太なしっかりとした方向性の確立であると言っています。経営理念の具体的な例として次のようなものを挙げています。

①高い倫理規範の維持
②事実に基づく経営
③外部環境への適応と変化
④実績に基づく評価
⑤スピード重視の経営

 




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/326-22d96026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。