やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワークとライフのアイデンティティ
 昨日の研究会では、日本の賃金研究の第1人者である楠田丘先生の講義を聴きました。タイトルは「過去100年間の日本の人材政策とこれからのあり方」でした。楠田先生は87歳ですが、背筋がぴんと伸びていて心がとても若々しい方でした。ご高齢で活躍される姿を見ていると、ドラッガーを髣髴させるものがあります。ちなみに、先生は60歳定年には反対で、「定年は自分の意志で決めるもの」という持論をもたれています。

 楠田先生は賃金については5段階があり、その一番下の土台は年齢給であると言います。今日本の会社ではあまり見られなくなった年齢給ですが、年齢給を重要視する考え方の根本には、人間誰しもが人生において成し遂げるべきライフサイクルビジョンがあります。




人は大人になり結婚して、家庭を築き、子供を生み育てる



この人間の営みとして当たり前のことが、ないがしろにされ経済、仕事が優先されるようになってしまっているのが今の世の中です。残念ながら、現在の日本ではワークライフバランスは仕事のほうに大きく傾いており、ライフの側にある生活、結婚、家庭、教育などは荒廃してしまっている現状です。現在の社会では、ある程度のお金がなければ上記のライフサイクルビジョンを実現させることはできません。

 
 今は生き方が多様な時代と言われています。確かに豊かな社会には多様性は重要でしょう。しかし、結婚や家族、子育てなどの基本はぶれるべきではないと思うのです。結婚や家族、子育てといった人間の生き方の基本の上に、多様性は築かれるべきです。基本を否定することを、多様性や自由と勘違いしている人が多いのが今の世の中ではないでしょうか。

 さて、ワークライフバランスとアイデンティティについて考えてみると、特に男性のアイデンティティは職業によって規定されることが一般的です。職業は所得の源泉ですから、間接的には「お金」によって規定されると考えることもできるでしょう。これは、ワークの方がライフよりも優先されることを意味します。私も、知らず知らずのうちにそのような考え方になっている自分に気がつくきます。「あなたのアイデンティティは何か」と聞かれたら、



やっちゃばに勤めています。


ではなく、


○○な妻の夫です。
3人の子供のパパです。



と自然に言えるようになれたらいいなあと思います。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/332-47fb88e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。