やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故処理よりもリスク回避を
 私は車通勤なのであまり電車に乗ることはないのですが、今日は都心で研修があったので久々に電車に乗りました。電車に乗って立っていると車内広告が目につきます。電車の広告は、テレビや新聞の広告とは異なった広告が目立ちます。電車の車内広告は交通広告というカテゴリーに属しますが、都会の電車の車内広告はそれだけで一つの広告カテゴリーとして成り立つような独特の訴求力を持っています。

その特徴を考えてみたいと思います。

①ターゲット
社会人、学生など通勤、通学客


ターゲットが決まれば、おのずと広告内容も決まってきます。

②広告ジャンル
社会人であれば雑誌、キャリアアップ、転職関連、不動産、旅行、イベントなど
学生であれば大学、専門学校の案内、就職イベントなど

 さて、ここまでは容易に想像できますが、ここで電車の車内広告がもつ訴求力について考えてみたいと思います。都会の電車と言えば、朝夕は満員で本を読んだり寝たりしていなければ何となく広告に目線が行ってしまいます。もともとそれほど関心のない事柄でも、目線の対象がそれしかないために内容を読むことになります。そして、それに対して頭の中でいろんなことを想像します。これほど長時間頭の中に滞留する広告は他にはないのではないでしょうか。受動的という点では、テレビの広告も同じですが、テレビの広告は次々と変わっていくので、車内広告はテレビのコマーシャル以上に人間を受動的にする効果があるとも言えます。

 もうひとつの大きな特徴は、車内広告を見るということは、不安定な非日常的な状態で広告を見るということです。家の中、あるいは会社の中という日常とは違った、不特定多数の人たちに囲まれた緊張した状態で広告を見ることは、受け手の感性を過敏に刺激する効果があるのではないかと思います。心のちょっとしたフックに引っかかり、行動を促すのです。


 上記のようなことを考えると、車内の広告の訴求力は大きいのではないかと思います。したがって、車内の広告を見ると、世相というものがよくわかるのではないかと考えます。


 ちなみに、今回電車に乗ってみて気になったのが、借金問題を解決しますという弁護士や司法書士事務所の広告、浮気調査をしますという探偵事務所などの広告です。あくまで私の直感ですが、世相がかなりすさんでいるというのが現実ではないでしょうか。

 人生にはいろいろなトラブルが起こりますが、努力次第で防げるトラブルの方が圧倒的に多いはずです。トラブルの最大の原因は自分自身の感情を理性的にコントロールすることができなくなるところにあります。(ここでは本題から外れるため深入りはしません)したがって、トラブルが増えるということは、心を理性的にコントロール力が弱くなっているか、もしくは理性が守ろうとする規範倫理に対する意識が弱くなっていることを意味します。


 本来は浮気や離婚や多重債務というトラブルは、それが起こる前に防ぐべきです。不思議なことに、これらを防ぐべきリスクマネジメントは教育や道徳でささやかれる程度です。またこれらを防ぐべきリスクマネジメント商売というものがもっと流行ってもいいはずなのに、リスクを冒した後の事故処理商売に比べて驚くほど数が少ないです。商売という点に限っては、リスクを回避させるよりも、リスクを冒させるほうが儲かるのでしょう。おそらく今後しばらくはリスクを冒した後の事故処理型ビジネスが多く出てくるでしょう。





スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/333-6d900646
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2012/05/07 19:11】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。