やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコープマーケティング
 先日野菜ソムリエの講座説明会に参加してきました。講座の説明会を聞きに来ていたのは40人くらいで、9割以上が会社帰りと思われる若い女性でした。野菜ソムリエという資格に対する女性たちの関心の高さを改めて感じました。

 野菜ソムリエの講座では、普段目にする野菜や果物に対して、その由来から、生産流通過程、栄養分、料理の仕方などを学びます。このように学んでいくメリットとして、資格や知識の取得以上に大きいのが野菜果物に対する愛着心が育つことにあるのではないかと思います。普段当たり前のように消耗されていく青果物に愛着を持つことによって、料理や食卓の時間が心の潤いのある場に変わっていき、生活全体が豊かになっていくのではないでしょうか。


青果物への親密性を築くことにより生活を潤いのあるものにしていく


というのが人びとが求めている究極のベネフィット(便益)ではないかと思います。このことは、モノのプロフィールやしくみ、モノの由来から用途までのストーリー性など、今まではただ消費するだけだったモノに対して、スコープを当てて探求していくことにより、モノに対する親密性を築き、モノをただ消費するだけの生活から、モノを楽しんで消費する生活を多くの人が目指す時代になったことを意味しています。

 今、工場見学が女性たちの間でブームになっているようですが、これも上記の原理で説明できます。経済成長が鈍化し、モノが大量にあふれる成熟化した社会において、人びとの関心は「量」よりも「質」の方に大きくシフトしています。言い方を変えれば、未知のものを求めるよりも、既知のものについて詳しい知識、知恵を求めていくということになります。このような人びとのニーズを探り当てるマーケティングを私はスコープマーケティングと名付けたいと思います。(正式なマーケティング用語を知らないので)

 ちなみに、このスコープマーケティングの対極にあるのが、大量消費社会を前提にしたマスマーケティングです。現代においてこのマスマーケティング的発想を象徴するのが上海万博だと思います。各国のパビリオンは、未知なる社会であり、このことは中国が高度経済成長時代にあることを象徴しています。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/335-67fae62c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2012/05/07 18:18】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。