やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八方美人は八方ふさがり
 福田首相の支持率は下がるばかりですが、福田首相の支持がなぜ下がるか考えてみました。もちろん政策の不支持や、閣僚、お役所のスキャンダルの影響が大きいと言えますが、これらは別に福田首相が作ったわけでなく、過去から引き継がれた問題が彼の代になって表面化したにすぎません。

 このような例は、会社単位でも起こります。前の担当者、前のリーダーの問題を後任者がかぶるパターンです。リーダーになる人は、みんなそれなりの資質を備えた人たちです。リーダーにも専制君主型、対話型など様々なスタイルがあり、どれも一長一短です。

 さて、福田首相について考えてみましょう。福田首相は対話型だと思われますが。対話型は一人一人の意見に耳を傾けるというプラスの面もありますが、一人一人の利害は普通一致しないことが多いので、意見を取り入れることは不可能です。それを約束してしまうと、嘘つき呼ばわれされたり、約束が自身の行動の足かせになったりしてしまいます。対話をしながらも、自らの正しいと思うところを決断して行動することが重要です。批判にためらっていてはいけません。八方美人になれば、結果的に八方ふさがりになり、リーダーとしての評価を大きく落とすことになります。福田首相の場合、政策よりもリーダーシップの不評が支持率の低下につながっているような気がします。

 私もリーダーになった頃、従業員の気持ちがわかるリーダーになろうと、一人一人の話を聴いていましたが、すべての人の意見を取り入れることは不可能だし、それに影響されて会社の方針を変えることは愚かなことだと思うようになりました。もちろん、相談があれば聴いて真摯に受け止めていますが、それに影響されてリーダーシップが発揮できないようになるのは問題です。リーダーとして避けなければならないのは、リーダーだと思われなくなることです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/54-d8722f63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。