やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮上する物流コスト
 環境の時代といわれる今日。今まで無料だと思っていたもの、必要だと思っていなかったもの、そして思っても見なかったものが、コストとして浮上してきます。まるであぶり出しのように、白い紙だと思っていたものに、くっきりと絵が浮かび上がるのです。


 大手量販店から、荷物をパレットに積んで納品するときに、荷物が荷崩れしないように荷物に巻いてあるストレッチフィルムを納品業者が引き取るようにと要求が強くなっています。このことは、

①ごみ代を納品業者に負担させる
②納品業者はごみ代を商品価格に上乗せできない
③ストレッチフィルムを使わないと、作業効率が落ちる


といった問題が発生します。特に粗利率の低い流通業にとってごみ代の負担は大きいです。大手量販店が商品代の値上げを飲んでくれれば問題ないのですが・・・・。今代案を考えているところです。


こういったごみのコスト、安全性など検査、チェック体制にかかるコストなど今までお金をかけなくても良かったものです。こういったコストは本来エンドユーザーである消費者が負担するべきです。消費者はいいサービスを受けるのだから、値上げに対して文句を言うべきではありません。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

こんにちわ!
消費者はサービス向上での値上げで
納得できるのならば選びますが
納得できないものは排除します。

消費者に納得していただくのは
製造者の業務であり、出来ない企業は
淘汰されるだけです。

高価であれ安価であれ
消費者に喜んでいただくサービスを考え出さなければ
原油高騰のあおりをまともに受けることになるでしょうね。
【2008/05/08 11:02】 URL | 優希 #mQop/nM. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/55-c92a2e46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。