やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

営業マンはお客様
 私は今現場で働いていますが、やっちゃばの現場となると、普通の業界から見たら「本当に滅茶苦茶な」要求や指示が来ることが多くあります。私は最初の頃、それにいちいち腹を立て、同じ会社の人間がどうして現場の事情も考えることもなく、一方的な要求をしてくるのか、業界の問題なのか相当悩みました。

 たとえば、現場の1日の生産能力が10なのに、100の指示を納品日の前日に出してくるといった具合です。普通の業界ならありえないと思いますが、青果物についてはこのような状況が起こりやすいことは確かです。顧客との約束を断ることはできないので、夜遅くまでの残業、休日出勤、外注先への手配などが発生します。

 「やりきれない思い」を営業や会社にぶつけていましたが、あるときふと気がつきました。「お客さんに文句を言えるだろうか」営業はお客さんに近い立場にあります。営業を自社の人間だと思って文句を垂れるよりは、お客さんだと思うようになればいいのではないか。そう思ってから、残業や休日出勤を前向きに捉えることが出来るようになりました。

 営業と現場の仲があまりよくない会社は多いのではないでしょうか。現場の論理と営業の論理は相反するところがあるので、そうなりやすいのです。そして、営業の意見のほうが現場の意見よりも強くなりがちです。だから、現場の不満が大きくなります。私のいる業界でも、営業のことを悪く言う現場の人が多いです。ただ、それは聞いていて聞き苦しいですし、そのような人たちに限って問題を前向きに解決しようとしません。「営業はお客様だ」と思ってみてください。きっと、前向きに考え、行動することが出来るはずです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/58-b50a3f8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。