やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社はお客様
 会社の作業員として、毎日、派遣会社から2名が派遣されてくるのですが、彼らは仕事が終わったあと、作業報告書にサインをもらうため、私のところに来るのですが、みんな「ありがとうございました。」という挨拶をしてくれます。

 私は「丁寧だな」と感心して、派遣会社に「ありがとうと言うのは会社の指導ですか?」と尋ねてみました。ところが、そうではないらしく、派遣作業員が自発的にしているとのことでした

 よく考えてみると、彼らは日替わりでいろんな会社に労働力を提供しに行きます。そういう意味では、会社をお客さんのイメージで捉えてるのではないかと思います。直接会社が雇用しているメンバーと仕事の内容はまったく同じなのに、意識の持ち方が違うのです。 

 会社の社員で、日々の業務終了後「ありがとうございました」という人はいません。給料明細を受けるときはさすがに「ありがとう」と言いますが。そういう私も会社に対して、お客さんに対するように接しているかと言えば答えは「ノー」と言わざるを得ません。ましてや会社に対して不平不満を言うことは、お客様に対して文句を言うようなものでしょう。

 「お客のために何ができるか」というマインドで、「会社のために何ができるか」と発想できる人はすばらしいです。会社が手放すのが惜しい人が、独立しても成功するの原因はこのマインドにあるのではないかと思います。遠い存在にお客さんとして接することは誰もがしますが、逆に最も近い存在にもてなしの心で接することは案外忘れがちです。最も近い存在に、もてなしの心で接することが習慣になったら、どんなお客さんが来ても大丈夫なことでしょう。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
書き込みありがとうございました♪
そのままうちの部下に話したい内容ですね^^;
身近に”感謝”する心を学んで欲しいものです。。。
なかなか意識しないと難しいことですけどね(汗)

その派遣社員さんは素晴らしいです!
【2008/05/17 23:47】 URL | K☆T☆R #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/63-90f8a291
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。