やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりビジネス
 たまたま、本屋さんで目にとまって買った本について。大宮知信さんの「ひとりビジネス」。本の内容については情報がいくらでもあると思うのでここではコメントしません。

 大宮さんはフリーのライターで、ちょっと昔風のライターのように思います。「飯が食えなくてもライター一本でやっていく」というようなちょっと一昔前のライターのイメージがして、私はすがすがしさのようなものを感じてしまいました。儲かるとか起業すべきだとかいう観点から書かれた本ではなく、フリーランスライターの客観的な目から見た起業家たちのレポートといった感じです。

 起業したといっても、サラリーマン時代よりも収入が減った人、離婚した人など様々な人が登場します。もちろん、「自分がやりたいことをやる」という一点についてはみな幸せを感じているようですが、逆に幸せってなんだろうと考えさせられる1冊でした。

 今、世の中は起業ブームで、ネットにも書店にも「起業賛歌」があふれています。その一方で中小企業白書を見ると年々自営業者が減って、被雇用者の割合が増加しています。(女性、シルバーの増加もありますが)起業が自由にできるのは喜ばしいことですが、冷静に見つめることがもっとあっていいようにも思います。




ひとりビジネス―転身・独立で幸せをつかむ (平凡社新書 416)ひとりビジネス―転身・独立で幸せをつかむ (平凡社新書 416)
(2008/04)
大宮 知信

商品詳細を見る
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/67-2b9604e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。