やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物流と流通
 物流と流通。この2つの大きな違いは何でしょうか。仕事の内容は見た目には同じようにも見えますが、そこにはれっきとした違いがあります。

①物流  荷主の商品を預かり、商品の保管、小分、ピッキング、配送を行う
       倉庫会社、運送会社

②流通  商品の荷主として商品を販売する(商流ともいいます) あるいはそれに付随する活動
       卸会社、小売り会社
 

 以上のように大きく2つに分けることができますが、卸会社、小売り会社から見れば物流活動は、流通活動の一部分ということになります。ただ、物量が大きくなると、商流部門と物流部門を切り離したり、場合によっては物流部門をアウトソーシングするようになります。以前は物流といえば配送のことを指し、配送のみ運送業者に任せるというイメージがありましたが、最近では3PL(サードパーティーロジスティック)と呼ばれる物流業務のすべてを一括アウトソーシングで請け負う会社がメジャーになっています。

 さて、卸会社で働いていて思うのですが、卸会社において営業部門とともに、流通加工部門が重要になります。流通加工部門とは、商品の小分け、リパック、仕立て直し、正味(生鮮品)、品質チェック、ラベルの貼付などの活動を行う部門です。この部門を自社で行うかアウトソーシングするか2つの選択がありますが、ここは卸会社にとって付加価値をつけるポイントとなります。近年、商品の品質管理の基準が厳しくなっていることを考えると、アウトソーシングよりこの部門を子会社化して、子会社に行わせる方がベターです。なぜなら、柔軟な対応と経費の明確化ができるからです。

 卸会社の営業を見ていて思うのですが、商品の価格と量には敏感に反応するのですが、流通作業コストに関しては現場から見ていると驚くほど無頓着です。製造業ではないので、作業時間コスト(作業に要した人数×時間)を考える習慣がついていないからです。戦争で言えば、兵士の人数と武器ににばかり意識が行き、後方支援に対する意識が行かないということになります。すなわち、ロジスティック意識が薄いということです。

 利益率が低い卸会社にとってはこのロジスティックを考えた総合力で戦うことがこれからますます重要になってきます。現場作業を戦略の重要なポジションとしてとらえていくこと、流通も物流も垣根がない表裏一体のものとしてとらえていくことが求められると思います。 

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/72-86abb0f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。