やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブン&アイの農業参入に思う
 流通最大手のセブン&アイ・ホールディングスが農業に参入することが19日、わかった。8月にも千葉県内で農家と共同で農業生産法人を設立。同様の法人を今後3年で国内10カ所に拡大する計画だ。生産した野菜は傘下のイトーヨーカ堂で販売し、中国産ギョーザ中毒事件などで高まる消費者の安全・安心志向に対応する。すでに居酒屋チェーンのワタミなどが農業に参入しているが、小売りの本格参入は珍しい。以上産経新聞より

 農産物の流通に関して、小売業者が産地と契約を結んで直入するというやり方は今までにもありましたが、農業生産法人を作って経営に乗り出すというのは初めてではないでしょうか?今、農産物や農業、小売業を取り巻く環境は複雑化しています。 その環境はどちらかというとマイナス的なものが多いです。
①国内の自給率が40パーセントを切っている
②農薬の問題など食の安心安全の高まり
③中国の災害
④肥料の高騰
⑤農家の後継者不足
⑥小売業の頭打ち

等がありますが、日本の農産物の必要性が高まっていることは間違いない事実です。ただ需要が大きいから農業は儲かると簡単に言い切ることができないのが農業の難しいところです。他の産業と較べて投資効率は決して良いとは言えません。リスクも大きいです。その要因として、

①天候に左右される
②農産物の良し悪しは土壌で決まる(日本の土壌は肥えていない。耕地面積が小さい)
③肥料など輸入に頼っている
④豊作貧乏になる可能性(価格の下落)


等があります。したがって、農業に参入すると言うことは半分社会的使命のようなものが必要です。そういう意味では、セブン&アイの農業参入は評価されるものだと思っています。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

ご無沙汰しております!
セブン&アイ・ホールディングスはどこまで参入するんでしょうかね?
安定した品質と、収穫のために
○台風に強いビニールハウスに投資するのか?
○SCのゴミから有機肥料の循環サイクルを作り、
 環境に優しい高品質の堆肥を利用するのか?
○セブン&アイ・ホールディングスの社員に農業をさせるのか?
○収穫量の良い品種改良を積極的に開発したり、導入したりするのか?

どちらにせよ、大手の参入は、
やっちゃば市場に成功例を作り
新しいルールや発見を見出す可能性になりそうですね!
【2008/06/20 09:21】 URL | 優希 #mQop/nM. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/85-f702a7bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。